Nexus 6PはMNP一括0円、機種変更実質0円の契約しやすいソフトバンクスマホ

今回はソフトバンクで非常に安く契約できるスマートフォン『Nexus 6P』について特集しようと思います。

Nexus 6PはHuaweiが開発したGoogle謹製のAndroidスマホです。Nexusシリーズと呼ばれるピュアAndroidを搭載し、不要なキャリアアプリやメーカーアプリなどがない素のAndroidを利用できます。

Androidのアップデートも真っ先にダウンロードされるようになり、数年間は最新のAndroidバージョンをどのスマホユーザーよりも早く利用することが可能です。

Nexus 6Pは名前からわかるとおり、6インチの巨大ディスプレイを採用しています。CPU/SoCには最新かつハイスペックなSnapdragon 810を搭載しています。同時期のスマホにもSnapdragon 810が採用されていますが、どれもSoCの発熱問題を抱えてしまっています。Nexus 6Pでもその発熱問題は心配されましたが、Huawei側のチューニングによってこの発熱問題がかなり緩和しています。

最新の3D対応ゲーム(デレステ等)なども全く問題なく、最高のパフォーマンスをだして動きます。RAMも3GBもあるため、複数のアプリを短期間に起動させても落ちたりフリーズすることはありません。

今後2年、あるいはそれ以上の長い期間快適に使うことが出来るのは確実なスマートフォンがNexus 6Pであり、現在このNexus 6Pを取り扱うソフトバンクではこれまでにない安い販売価格で契約が可能になっています。

MNPでの契約と機種変更による契約によって、どちらも0円という形で安売りがされています。これまでソフトバンクでは最新スマホの安売り、それも性能の高いハイスペックモデルの安売りというのはなかったため、かなり珍しい売られ方になっています。

今回はそんなNexus 6の安売りについて、MNPと機種変更それぞれの契約にかかる維持費や運用費、それに契約の際の注意点について説明します。

Nexus 6PのMNP一括0円情報

契約準備・初期費用

まずはMNPでの販売についてを詳しく説明していきましょう。

MNPでは一括0円という販売価格で売られています。一括なので完全に0円ということになります。MNPでは販売後しばらくしてから0円販売される機種はありますが、Nexus 6Pは最新機種の中でもとりわけ早い安売りが始まっています。ここにはおそらくGoogle側やHuawei側のメーカーからの販売施策が適用されることによって異例の安さを産み出していると考えられます。

MNPの対象はdocomo、au、またそれらMNOの回線を使ったMVNOからのMNPが対象です。Y!mobileからのMNPは同じソフトバンクグループということで対象外になります。

MNPには予約番号が必要で、それぞれのキャリアの窓口、もしくはMVNOならネットの管理ページからMNP予約番号を発行します。それを元にソフトバンクオンラインショップなどの一括0円販売をしているショップで契約を行います。

初期費用としてかかるのは次の事務手数料等です。これらはどんなスマホを契約するにしても必要な料金となっています。

新規契約事務手数料 3240円
転出事務手数料 3240円
契約解除料(更新月の場合は0円) 10260円
合計 16740円

このNexus 6Pを契約するにあたって、必ず用意してほしいものが一つあります。それはどんなに古くてもいいですから「docomoかauから発売されたAndroidスマホ」です。これを用意して「のりかえ下取りプログラム」へ利用することで、現在一律21,600円の割引を受けられるようになっています。

のりかえ下取りプログラムは、どんなAndroidスマホでも状態さえ保っていれば一律21,600円の割引適用です。そのため適当にブックオフなどに売っている、3,000円ぐらいの中古スマホで「画面が割れていない」「水没していない」スマホならば下取りに適用可能です。3,000円ほどの中古スマホを下取りに出すだけで一律21,600円の割引なので、MNPする場合には絶対に適用させておきたい内容になっています。

 

MNP一括0円で契約した場合の維持費

さてこうして契約の準備が済み、オンラインショップなどで契約をした場合、毎月の料金がいくらになるのかを計算します。

MNPで契約した場合には、月月割が毎月900円適用されます。この他には「のりかえ割」、先ほどの「のりかえ下取りプログラム」の割引が合計で5万円分ほど追加されます。

これらの割引を反映させた料金プランが次の通りになります。

ホワイトプラン スマ放題ライト
基本料 1008円 1836円
のりかえ割 ▲1008円 ▲864円
S!ベーシックパック 324円
パケットし放題/データ定額(5GB) 6156円 5400円
APP PASS 399円
月月割 ▲900円
のりかえ下取りプログラム ▲900円
合計 5079円  5295円

APP PASSは月月割を満額適用させるのに必要なオプションですので、適用させています。

月々の支払いが5,000円からになります。これを高いとみるか安いとみるかは悩ましいところですが、端末代金が0円で通信費だけがこの料金ならずばり安いかと思われます。例えばGoogle Play版に格安SIMを使ったほうが月々の料金自体は安いですが、初期費用に8万円近く端末代含めるとかかってしまい、2年間の総額では1万円ほどしか変わりません。

格安SIMはそれでなくても速度が簡単に落ちてしまいますし、不具合が起きたときのサポートなども期待できません。それを考えればソフトバンク版のNexus 6PをMNPで契約するのはお得であるといえるでしょう。

 

MNP一括0円契約の注意点:一括購入割引

端末代金が一括0円でありながら、毎月5000円という比較的負担になりにくい料金で使えるNexus 6P。初期費用を総合的に考えれば格安SIMで使うよりも明らかにお得な価格になっています。

ただ何から何までお得すぎるとソフトバンク側にメリットがないということで、このMNP一括0円の契約には注意点が存在しています。

それは「一括購入割引」と呼ばれるものです。この「一括購入割引」は、一括0円でNexus 6Pを購入できるようになっていると、悪い考えをしてNexus 6Pを0円で買った後にすぐ解約してスマホだけをそのまま無料で持っていかれる、というのを防ぐためにあります。この「一括購入割引」が適用されて安くなっているスマホは、2年間ソフトバンクの契約を維持し続けなければペナルティが与えられてしまいます。

どういうことかというと、転売や持ち出しを防ぐために、ソフトバンクではMNP一括0円ほどに値下げしているスマホに対して、値下げ分をしっかり回収しようと、2年以内に一括0円契約した回線を解約したりフラットプランの解除をした場合に、特別な違約金・契約解除料を設定しています。このため、この契約解除料が発生しないようにするためには、2年間継続してソフトバンクの契約をフラット定額で維持し続けなければなりません。

もしも解約やフラット定額プランの変更をしてしまうと、契約解除料が最大で55,000円、契約期間が1ヶ月経過するごとに解約金は1,420円づつ減っていくものになっています。24ヶ月経過時に一括購入割引の契約解除料が0円になります。

この一括購入割引という制度があるため、Nexus 6PのMNP一括0円は2年間しっかり使う人以外には適していないものになっています。

 

Nexus 6P機種変更、実質0円情報

契約準備・初期費用

続いては機種変更で契約した場合の各種情報をまとめてみたいと思います。実はNexus 6PはMNPだけでなく機種変更でも契約しやすい素晴らしい料金になっています。同じ0円でも実質0円という販売方法になりますが、そもそもソフトバンクで実質0円で機種変更できる機種が少なく、いずれもミドルレンジ級のスマートフォンしか0円ではありませんでした。

(具体的には305SHや301Fといった旧型スマホ)

この機種のようにハイエンドモデルが機種変更で優遇されるのは珍しく、ソフトバンクで機種変更予定の人は今一番安く性能の高いスマホを入手することができるようになっています。

機種変更事務手数料 3240円
合計 3240円

初期費用は機種変更にかかる事務手数料ぐらいです。オンラインショップだとこの事務手数料分のポイントプレゼントなどを実施しています。

 

機種変更実質0円の維持費

機種変更なので決して安い料金にはなりませんが、実質0円による割引増額によって他のスマホに比べると契約しやすいのは確かです。月月割が3,360円と高額になっているため、機種変更にしてはそこまでの高額化とはなっていません。

ホワイトプラン スマ放題ライト
基本料 1008円 1836円
S!ベーシックパック 324円
パケットし放題/データ定額(5GB) 6156円 5400円
APP PASS 399円
月月割 ▲3360円
一括合計 4527円  4599円
Nexus 6P代 3360円×24回
分割合計 7877円  7959円

料金的には8,000円近くとなってしまいますが、端末代込みでこの金額ならば機種変更としては優秀な維持費かと思われます。他の機種だともっとかかってくるので、スペックと料金比を考えれば中々のコスパです。

 

このようにNexus 6PはMNPと機種変更という形において、一括0円または実質0円で契約することが出来ます。ソフトバンクにおいてこの価格での契約は本当に珍しいことですから、「安くて良いものをちゃんとした回線で使いたい」という人にとってはぴったりの契約となっています。性能・価格は文句のないレベルですので、機種変更予定だった人やMNPで他社へ移ろうと考えていた人は、ぜひこのソフトバンクのNexus 6Pの契約について確認していただければと思います。