docomo/au/SoftBank キャリア別スマホ割引クーポンの貰い方

今スマホの契約は総務省が「値上げ」の指導を行っている影響で、キャリアのスマホは値下げがうまく機能していない状態です。

せっかくのキャンペーンを行っても総務省の鶴の一声でキャンペーンを「中止」に追い込まれてしまい、安く買いたいという願いをもった多くのユーザーは今なかなかスマホを安く購入することができないのが現状です。

こうした安く買うという行動が厳しくなっている状況で、スマホの購入を手助けしてくれるのが割引クーポンやポイントの類です。

これらを活用することで、キャリアのスマホも多少は購入しやすいものになっています。今回はこのクーポンやポイントの種類と入手方法についてを確認していきましょう。

クーポンは新規が主で高額、機種変更は数が少なく低額

まずこの手のスマホ割引クーポンについて特徴を説明しましょう。

キャリアの配っているスマホ割引クーポンは、基本的には新規/MNP対象と機種変更対象の2通りに分かれています。

新規/MNP対象のクーポンではもちろん機種変更には利用できません。こちらの新規/MNP向けのクーポンは割と手広く配られており、契約手法がハードル高めの内容のため、割引額が比較的に高めという特徴を持っています。平均して10,800円ぐらいは割引され、iPhone発売時や年度末の時期には21,600円という金額を付けることも珍しくありません。

対して機種変更向けのクーポンは配られている人が限られており、入手が困難な傾向にあります。また機種変更という契約自体にキャリア全体がキャンペーンなど控えめのため、金額も抑えられており大体5,400円も付けばよいほうな金額になっています。あまり契約数が求められていない月には2,160円や3,240円といった金額のクーポンが出回ってきます。

このようにスマホ割引のクーポンは基本的には新規やMNPの販促に使われることが多く、機種変更のクーポンはあまり広く配られておらず、額面もそこまで大きくないのが現状です。
ただそれでもクーポンを使うことでスマホが安く買えるようになることは間違いなく、ポイント系の施策も合わせると機種変更でも1万円以上の値引き効果を得られることがあるので、そちらを確認していこうと思います。

クーポンの種類

通常クーポン(郵送型):docomo/au/SoftBankで実施中

一番メジャーなクーポンは、契約者の住所に送られてくる郵送のクーポンです。

主に新規で使えるクーポンがハガキや封筒書類として送られてきます。

これは全てのユーザーに送られてくるわけではなく、キャリア側の送付条件を満たすユーザーにのみ送られてきます。条件については詳細はわかりませんが、予想されるものとしては料金の支払額が多い少ない、過去にMNPで契約してきたかどうか、前回の機種変更からの経過時間や機種変更がほとんど行われていないか、というところを見てクーポンを送付しています。

利用金額が高ければ高いほど送られてくる可能性が高いと思われがちですが、逆に少ない人を中心に過去にはクーポンが送られた実績もあるので、詳細なところはわかりません。機種変更したばかりだとクーポンが届かないこともよくありますが、逆に機種変更を2年以上していないという時にもクーポンが送られて来ない時もあります。

主にiPhone発売の9月頃に送られてくることが多く、あとは年末年度末の12月や3月なんかも良く送られてきます。

大体の場合が新規契約対象ですが、まれに機種変更対象のクーポンも含まれます。

機種限定クーポン:docomo/auで実施中

郵送クーポンの亜種として機種限定クーポンというものも存在しています。

こちらは特定の機種を利用しているユーザーに対して、後継機スマホの機種変更がしやすいクーポンが配布されるというものです。

主にdocomoとauが実施しています。機種はXperia、Galaxy、isai、AQUOSといった機種が対象にされているのを観測されています。

こちらのクーポンは機種変更で5,400円以上の値下げが期待できるようになっているので、同じスマホシリーズの購入に役立ちます。

入手方法としては前回の購入機種がその時発表されるシリーズのスマホの過去モデルであることがまず一つの条件です。そこに契約状況や販売メーカーの販促費などが関係してきてクーポンが配られるか否かが決まります。

Jcomクーポン:auで実施中

auでは固定回線と組み合わせて安くなるauスマートバリューを実施していますが、auスマートバリューの組み合わせに使えるJcomでauスマホの割引クーポンを配布しています。

クーポンは基本的にJcom契約ユーザーに配られるものになっていて、毎月の番組表の裏や個別で配られるケースがあります。こちらは機種変更でも5,400円やそれ以上の金額を載せていることのある高額なクーポンですので、auユーザーはこのクーポン目当てでJcomの回線を契約するのも良いかと思われます。

Jcomを契約していないユーザーは年度末などのタイミングであればJcomショップでクーポンが欲しいと言えば貰える可能性があります。最近は転売などがされて警戒されることも多くなってきましたが、有効な方法の一つです。

引き止めポイント:docomo/au/SoftBankで実施中

クーポンでは正確にはないものの、スマホ割引で欠かせないのが引き止めポイントの存在です。クーポンの機種変更割り引きが5,400円ほどにしかならない中で、引き止めポイントならば10,000円分、15,000円分、そして30,000円分も狙うことが出来ます。機種変更をしようとした時には見逃せないレベルで高額な割引ポイントとなっているため、こちらはぜひとも積極的に活用したいものです。

最近では引き止めポイントの他にも「ウロポ」と呼ばれるものも出てきており、更にポイントを貰って機種変更がしやすくなっています。

この引き止めポイントやウロポの入手条件については別記事で詳しく書いてあるので、そちらを参照してください。

コジポ/MNP引きとめポイント/ウロポ・・・151や157で貰える裏ポイントの詳細【docomo/au/SoftBank】

2016.09.14

クーポンが貰えていないならばオークションで購入

もしもこうしたクーポンが貰えていない場合、対策としては打てるものは非常に少ないのが現状です。クーポンが貰えないということはキャリアの定める条件に当てはまらないということですから、これはユーザーの力でどうにかあるものではありません。

クーポンが貰えないものの、それでも少しでも割引された上で契約をしたいという場合には、こうした配布されたクーポンをオークションサイトで購入するという方法が一つとれます。

実はこれらの各種クーポンは、ヤフオクやメルカリといったサイトにおいて割引金額よりも安い価格で売られています。そのため額面通りの割引を受けることは出来ませんが、オークションでの差額分としてある程度の料金ならば割り引いて契約するのに活用することが出来ます。

クーポンを購入する際には、クーポンの記されているシリアルナンバーが隠されているものを探し、なるべく額面が高くて購入差額の大きいものを狙っていきましょう。また一部のクーポンは本人にしか使えないというクーポンもありますから、そういったクーポンでないことを出品者に確認しながら購入するようにしましょう。

 

以上のような形で割引クーポン・割引ポイント施策が実施されているので、うまく自分に当てはまるものを探しながら利用してみてください。