iPhoneの契約で注意したい『頭金』 支払ってしまうと大損します

 

2017年に発売されるiPhone8、iPhone X Editionの購入の際に気を付けなくてはならない点があります。

それは、今まではiPhoneの購入の際に課せられていなかった頭金がiPhone 8、iPhone X Editionの購入の際には課せられるようになった事です。

今までAndroidを利用されていた方はスマホ購入の際に当たり前のように頭金を支払っていたと思うので結構なじみがあるかもしれませんが、iPhoneシリーズをずっと利用してきた人にはちょっとなじみがない単語になるかもしれません。

実は2017年2月よりiPhoneにもショップの裁量で頭金がつけられるようになってしまっいました。

そのため、今までのiPhone購入時のように本体価格の支払いだけではなく別途で頭金も支払う必要がでてきました。

この頭金、これからiPhoneを契約しようとしている人すべてに注意をもって接してほしい存在となっているので、この記事ではその注意点や問題点を説明しながら解消法なんかをみていきたいと思います。

<頭金って何?>

皆さん、スマホの機種変更の際にdocomo、Softbank、auなどの実店舗や家電量販店などで頭金の表示を目にした時がありませんか?

頭金っていうぐらいだから必ず支払わなくてはいけないものなのだろう,って勘違いして無意識に当たり前のように支払っていませんでしたか?
実は私もそうでした。
何も意識せず、店員さんに言われるがまま支払っていました。

高級品を買った時などにローンを組む時と同じ感覚で商品本体の金額の一部を購入時に支払っているものだと思っていました。
なので、あまり気にせず当たり前のように支払っていたことを今になってとても後悔しています。

実はスマホ購入時に支払っている「頭金」とは上記のような頭金とは全く内容が違っていたのです。

このようにスマホ購入時の発生する「頭金」の事をよく理解せずに店員さんに言われるがままiPhone8購入してしまうとものすごく損をしてしまいますので今回はこのスマホ購入時に発生する「頭金」について詳しくご紹介したいと思います。

スマホ購入時の頭金はほぼ販売店手数料といっていい

皆さんが想像している頭金はきっとスマホ本体価格の一部を購入時に支払う事だと思っていますよね。
例えば、スマホ本体価格80,000円に対して頭金を10,000円支払ったら残りの70,000円を支払うものだと思いますよね。
スマホ本体価格の一部を最初に支払っているだけだから購入者は損をする事はないって思うのが普通だと思います。

実はこの考えは全くの勘違いだったのです。

スマホ購入時に支払っている頭金はスマホ本体価格とは全く別に発生する料金だったのです。

スマホ本体価格80,000円に対して10,000円を頭金で支払ってもスマホ本体価格と頭金は全く別物と考える為、スマホ本体価格80,000円+頭金10,000円=総支払額90,000円も支払う事になるのです。

スマホ購入時に発生する頭金はスマホ本体価格から頭金を値引きする事など一切なく、頭金が高ければ高いほど損をする性質になっているのです。

なら、この頭金は何のために支払っているお金なの?と疑問を感じませんか。

実はこの頭金は販売店の利益の為に発生しているお金だったのです。

このため、

頭金=販売店手数料

と言っていいでしょう。

スマホ購入時に発生する頭金とは販売店の利益になるものなので各店舗が独自に金額の設定を設けています。
その為、頭金の金額は販売店によって異なりますがだいたい下記の金額が目安だと思って下ださい。

  • docomo:5,400円~7,560円
  • SoftBank:54,00円~10,260円
  • au:5,400~16,200円

販売店によっては10,000円以上の頭金を設定しているところも少なくありません。
数年前までは5,400円程度が主流だったのですが最近では高額の頭金の設定を設けている店舗も多くなってきています。

しかも、この頭金がスマホ本体価格から値引きされているのならそこまで抵抗なく支払う事が出来るのですが、スマホ本体価格とは別途に販売店の利益の為にこれだけの金額を支払っていると思うと納得できませんよね。

しかも、この頭金ですが今まではiPhoneの購入時には課せられることはなかったのですが2017年よりiPhone購入時にも課せられるようになってしまったのです。

 

iPhone8購入時にも頭金が課せられる

Androidを使用した時ある人はこの頭金を支払った記憶があると思うのですが今までずっとiPhoneを使用してきた人にはこの頭金についてまだ、ピンとこないかもしれません。

なぜなら、今まではiPhone購入時には頭金は課せられる事がほとんどなかったからです。
そのため、AndroidよりiPhoneの購入の方がお得に購入する事が出来ました。

しかし、2017年よりなんとiPhoneにも頭金が課せられるようになってしまったのです。
今回発売される予定のiPhone8やiPhone Xの購入の際にも頭金が課せられる事は間違いないでしょう。

せっかく新しいiPhone8の発売が目前にせまっているのに頭金という消費者にとっては何の利益もなく、損するだけのお金を支払うは出来るなら避けたいですよね。

でも、安心して下さい。
この無駄な頭金は各ショップの公式オンラインショップからiPhone8を購入する事で0円にする事ができる方法がありました。

 

オンラインショップを利用すれば頭金0円になる

先ほどから問題に上がっているスマホ購入時に発生する頭金ですがどれだけ消費者には無駄なお金だったか理解して頂けましたでしょうか?
それでは次に考えなくてはいけないのがこの頭金をいかに安くおさめるかということになります。

実際、家電量販店などのスマホ売り場で「頭金0円」なんて張り紙を見た時がありませんか?
確かにこういったところで購入すれば頭金を0円にしてくれます。
実際に私もこの甘い誘いに誘惑され家電量販店で購入した時がありました。

しかし、その際には余計なオプションにも加入しなくてはならないという問題が発生します。
これが、また手続きがかなり面倒だったりして私的には苦い思い出となっています。

ならば他には頭金を安く済ませるいい方法はないのかと模索した結果、とっても簡単な方法がありました。
しかも、頭金を一切支払わなくてもいいお得な方法だったのです。

それが各キャリアの公式オンラインショップからの購入方法でした。

docomo、Softbank、auのオンランショップ経由でiPhone8を購入すれば頭金を一切支払わずに契約する事ができるのです。
もちろん、家電量販店のように余計なオプション加入も一切ございません。

それでは次にオンラインショップとはどんなものなのかということ、そしてそのメリットもご紹介しましょう。

 

オンラインショップってどんな契約ができるの?

iPhone8をdocomo、Softbank、auの実店舗や家電量販店などで購入すると頭金が発生し、しかもこの頭金が実はスマホ本体価格とは全く関係ない販売店手数料だったという事はこれまでの内容で理解して頂けたと思います。

でも、docomo、Softbank、auの公式HPのオンランショップから予約&契約すると頭金を0円する事が出来るのです。

また、オンラインショップからの契約なら頭金0円はもちろん不要なオプションへの強制加入もないということで、不要な支払いというものを一切払わなくていいのです。

 

しかし、ネット上で契約なんて不安に感じられる方も多いと思います。

でも、みなさんネットショッピングはした時はあると思います。
実はそれと全く同じ感覚で予約&契約が簡単に出来るので、スマホの契約をネットでやる、といっても何も難しい所はありません。

皆さんが思っている以上に手続きはとても簡単です。
なぜなら機械音痴、ネットが苦手な私でもオンラインショップを利用する事ができたからです。

 

オンラインショップのメリット

iPhone8を予約&契約するにあたってdocomo、Softbank、auの実店舗や家電量販店などで購入するよりオンラインショップを利用する方が断然にオススメとなっていますのでどんなメリットがあるかいくつ挙げてみましょう。

  • 頭金が0円
  • オプションへの強制加入がない
  • 待ち時間がない
  • 自宅でiPhone8を受け取れる

このようにオンラインショップからの予約&契約は消費者にとってお得な事が盛りだくさんとなっています。

頭金が0円

これについては既にメリットを上記で説明している通りで、iPhone 8やiPhone X Editionの契約をする際に最も注意しなければいけない「頭金」が、オンラインショップであれば0円で済ませることが出来るようになっています。

正直なところこのメリットだけで各キャリアのオンラインショップを使う理由は十二分にあります。これだけでiPhoneの価格を大きく節約することができるので、オンラインショップの利用を勧める大きなポイントです。

ただオンラインショップにはこれ以外にも店頭・店舗ショップ契約にはないメリットがあるので、以下を確認してみて下さい。

オプションへの強制加入がない

頭金を少しでも節約する為に、家電量販店などの「頭金0円」という甘い誘い文句に乗っかって契約してしまうとオプションへの強制加入をしなくてはなりません。
このオプションへの加入はある一定期間内に解約すれば料金はかからないのですが解約手続きはとても面倒です。

でも、オンラインショップから予約&契約すれば強制的なオプションへの加入は回避出来ます。
なぜならオンランショップからの予約&契約は自分で手続きを行う為、オプションへの加入は選択するからです。

自分で必要だと思ったオプションへの加入のみすればいいのです。
もし、オプションが一切不要だと思えば何も加入しない事もできます。

待ち時間がない

iPhone8はとても人気が高い機種になりますので入手するには予約は必須です。

一般的にiPhone8を予約する時はApple Store、docomo、Softbank、au、家電量販店などの実店舗から予約をすると思いますが、なにより大人気の機種になりますので長蛇の列に何時間も並ばないときっと予約さえもできないでしょう。
しかも、やっと自分の番がきても初期在庫の対象には入らない可能性も大いに考えられます。

しかし、オンラインショップを利用すればわざわざ実店舗に行かなくても簡単に予約が出来ます。
PCやスマホなどが出来るネット環境が整っていればいつでもどこからでも予約する事が出来るからです。
それより実店舗での無駄な待ち時間もなく予約する事が出来ます。

自宅でiPhone8を受け取れる

予約したiPhone8はオンラインショップを使えば、わざわざ実店舗に行かなくても自宅で受け取る事が出来ます。

そのため先ほどの待ち時間がないというメリットに繋がりますが、ショップに行って1時間以上かかる契約の時間というものを節約することができます。

ただし、通常ですと初期設定や開通手続きは各店舗の店員さんが行ってくれますがオンラインショップからの手続きの場合は自分で全て行わなければいけないのです。

でも、初期設定や開通手続きは実はそんなに難しくありません。
なぜなら私のような機械音痴でアナログな人間でも簡単に出来たからです。
取扱説明書や各ショップのHPを確認すれば簡単に手続きは出来ます。

それでも、自分で初期設定や開通手続きをする自信がない人は届いたiPhone8を持ってお近くの店舗に行って店員さんに手続きを行ってもらってください。
もしくは最初から配送先を自宅ではなくお近くの店舗を指定しておく事も可能です。
ただし、③で申し上げた待ち時間が覚悟しときましょう。

このようにオンランショップからの予約&契約はとてもお得な事が満載となっていますのでiPhone8の購入にはオンラインショップは必修です。

 

まとめ

今回はiPhone8の発売の前に頭金という今までかからなかった販売店手数料について説明させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

スマホの購入の際に支払っていた頭金とはスマホ本体価格とは全く関係ない費用だったと理解していただけたでしょうか?
そしてその消費者にとっては無駄な費用、頭金が0円で済む対応策としてオンランシップを紹介させて頂きました。

オンラインショップからiPhone8を予約&手続きをする事で頭金が0円になるだけではなく強制的なオプションへの加入も回避する事が出来るのです。
それにより、月々の支払料金も抑える事も出来ます。

また、iPhone8はとても人気が高い機種ですので予約が絶対に必要になってきます。
その予約もオンラインショップからする事で実店舗にて何時間も待つような事もなくいつでもどこからでも簡単にする事が出来るのです。
iPhone8本体も自宅で受け取る事ができ、無駄に店舗に行かなくても家で簡単に契約手続きが出来ます。

このようにiPhone8を入手するにはdocomo、Softbank、auのオンラインショップからの予約&契約が一番お得と言っていいでしょう。

頭金に気を付けながら、オンラインショップを活用してください。