シンプルプラン+docomo with対象スマホのarrows Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jの契約は280円から使えるdocomoスマホ

docomoから新しい料金プランが登場しました。

電話をあまりかけない方、そして機種変更はあまりせず同じスマホを長く使われる方には待望のプランです。そのプランをご家族で利用すれば、これまでよりもさらにお得な料金になります。

docomoは続けたいのだけど、月額基本料や端末代などの運用費が高すぎるので格安SIMへの乗り換えようかなと思っていた方、あるいはスマホを使うならとにかく運用費が安いほうがいいという方は、ぜひこの記事をお読みください。

きっと求めている運用方法というものが実現できるはずです。

ただし、そのプランは使うにはいくつか条件があります。それをこの後説明していきますので、そちらを確認しながらどうやったら安くなるのかということを理解してもらえればと思います。

シンプルプランとdocomo withの組み合わせが安い

docomoで今話題のプラン運用があります。それは「シンプルプラン」と割引サービスの「docomo with」です。

この「シンプルプラン」と「docomo with」を組み合わせることによってお得なプランが出来上がります。さらにご家族で利用されれば、(子回線が)何と月額302円(税込)で利用できるようになります。

例えば、お父さんが親回線として契約し、お母さん、娘さん、息子さんが子回線で契約した場合、子回線となる家族3人の通信費が月額302円(税込)×3=906円で使えるようになるのです。ちょっと信じられない安さですね。

この運用についてその仕組みを理解するためにも、まず「シンプルプラン」と「docomo with」についてご説明します。

《シンプルプラン》

まずシンプルプランとは、カケホーダイライト・カケホーダイに続く、docomoの通話プランの一つです。その特徴は、月額基本料が980円(税込み1058円)と驚くほど安いことです。

カケホーダイライトだと5分以内かけ放題で月額基本料が1700円・カケホーダイでは国内通話24時間無料で月額基本料が2700円です。ですから電話を多く利用する方にはその料金内で通話がし放題になり、とてもありがたいプランです。
しかしながら、電話をほとんど使わない人にとって月額基本料が1700円・2700円というのは高すぎる感じていたことでしょう。

そうした中でこの月額基本料が980円(税込み1058円)というシンプルプランの登場は、電話をほとんど使わない方にとって朗報です!

シンプルプランの通話料は定額にはなりません。国内電話には30秒/20円(1分/40円)の利用料がかかります。カケホーダイライトより月額基本料が月720円安いために通話定額が使えなくなります。ですが月18分以内しか電話をしないのであれば、カケホーダイライトよりお得です。

 

月額 通話料
シンプルプラン 980円 30秒/20円
カケホライト 1700円 1回5分間まで定額
差額 720円差 18分/月まではシンプルプラン

電話する機会がすくないのであれば、今すぐにでもこちらのプランへ変更することで、料金がこれまでよりももっと安くすることが出来ます。

 

ただし、シンプルプランに加入するにはいくつか条件があります。

1.親回線がシェアパック5以上のパケット契約をしていなければいけません。
おひとりで使うにしろ、ご家族で利用されるにしろ、親回線がシェアパック5以上の加入が条件になっています。

2.学割や一部のキャンペーン割引が利用できない。
これを許してしまうと安くなりすぎてしまうので、仕方ありません。

このようにシンプルプランに加入するにはいくつか条件があります。ですがそれでもこの安さは電話をあまり使わない方にとっては待望のプランです。

カケホーダイライトと比べると月720円、1年でしたら8640円の節約。カケホーダイに至っては月1720円、1年でしたら20640円もの節約になります。

月額差 1年間の合計
カケホライト

(1回5分の通話定額)

720円 8640円
カケホ

(時間無制限の通話定額)

1720円 20640円

 

シンプルプランは電話をあまり使わない方には、絶対おススメのプランです。

《docomowith》

docomo withとは「どなたでも、対象スマホ購入で、毎月ずっと1.500円の割引サービスが受けられる」新料金プランです。
対象スマホを購入すれば月々決まった料金を割り引いてくれるので、月々サポートに似ていますが、それとは大きな違いがあります。

では、いったい何が違うかのでしょう?

月々サポートは2年限定のサービスです。2年の満期を過ぎると以降は機種変更などをしないと新しい割引が発生しません。一方docomo withでは次に機種変更するまでずっと割引が続くのです。

つまり機種変更しなければ、5年でも10年でも割引が継続されるということです。

ですから、docomo withは、スマホの機種変更をあまりしない方、言い換えれば、同じスマホを長く使う方におススメの割引サービスというわけです。

スマホを使い続けても割引が消えないという割引です。

docomo with指定機種

docomo withでは、docomoが指定した機種を購入することでその割引が受けられるようになります。docomo withで指定されているのは、次の2つの機種です。

  • arrows Be F-05J:28512円(税込)
  • Galaxy Feel SC-04J:36228円(税込)

 

この2つのうちのどちらかを購入すれば、docomo withの割引を受けることができます。月1500円の割引が機種変更するまで続くのですから、いかにお得な割引なのか分かりますね。

後に詳しくご説明しますが、arrows Be F-05Jは一括購入の場合、税込みで28512円と3万円を切りますから、家族で利用すれば格安SIMに近い運用費で使えるようにもなります。

SIMを差し替えてSIMフリースマホも使える

docomo withでは今のところ、SIMフリースマホやdocomoの白ロムを使っても割引が停止してしまうことがありません。ですから、docomo with指定の機種を購入しdocomo withの契約をしてしまえば、その後契約したSIMをお気に入りのSIMフリースマホを差し替えて使うことができます。

あるいはdocomo with指定機種が壊れてしまっても指定機種を買い替える必要がなく、SIMフリースマホを使うことができます。

なのでスマホが古くなったからといって機種変更する必要がなく、一度docomo withの契約をしたらその後は新しいスマホとして白ロムやSIMフリースマホを選ぶことが出来る、という割引なのです。

以上、電話をあまり使わない方にピッタリの「シンプルプラン」と同じスマホを長く使い続ける方にピッタリ。毎月ずっと割引が続く「docomo with」の説明を終わります。

この次はこれらの割引を使った契約で維持費を安くする方法についてです。

 

維持費は280円(税込302円)!それが機種変更するまで続く

今、ご紹介したシングルプランとdocomo withを組み合わせるとお得なプランになるのですが、その組み合わせにシェアオプションを追加すると、破格のプランに変身します。

それでは実際にどれくらい安くなるのか確認してみましょう。

シェアオプション シェアパック5 シェアパック15 ウルトラシェアパック30
シンプルプラン 1058円
spモード 324円
パケット 540円 7020 13500 14580
docomo with ▲1620円
合計 302円 6782円 13262円 14342円

※料金は全て税込みです。
※シェアパック5とは月5GB、シェアパック15とは月15GBのパケットを家族内で分け合えるプランのことです。

契約上の諸注意
1.シンプルプランで契約するには.親回線がシェアパック5以上のパケット契約をしていなければいけません。
2.シェアオプションは家族や個人で使う2台目以降のdocomoのスマホ契約にしか使えません。

 

シンプルプランとdocomowithの組み合わせではお一人で契約しても、シェアパック5以上の契約が必要ですからあまりメリットは多くありません。しかし、家族でご利用されれば、とってもお得なプランになります。

例えば、お父さんが親回線で、お母さんやお子さまが子回線で契約します。子回線契約の方はシェアオプションに加入することになりますから、家族の子回線の運用費が全て月々302円(税込)という格安SIMもビックリのお得なプランに変身します!

しかもdocomoの割引サービスだと通常2年限定なのですが、このdocomo withでは機種変更するまで割引が継続されるわけですから、長くお得な運用費を続けることが出来ます。

 

シンプルプランとdocomo withで運用すると、docomoの料金は本当に安くなる

今ご説明しましたとおり、シンプルプランは月額980円と安いのですが通話定額がついていません。ですから、電話をほとんどしない方におススメのプランです。(ただし家族間の通話は無料!)
またdocomo withは機種変更するまで適用されるサービスですから、同じスマホを長く使われる方におススメのプランです。

シンプルプランとdocomo withの組み合わせで得をするのは、電話をあまりかけず、機種変更をマメにしない方です。

上記の個別の維持費だけでなく全体の維持費でも考えてみましょう。

例えば、お父さんが親回線となり、シンプルプラン・シェアパック15・docomo withなどで契約します。ひと月の運用費13262円です。
お母さん、息子さん、娘さんがシンプルプラン・シェアオプション・docomowithの組み合わせを使えば、302円×3で月々906円。それで3人分の運用費がまかなえてしまうのです。

家族4人で、月合計14168円。(14168÷4=3542円)1人当たり3542円で、docomoのスマホが使えます。シェアパック15では、月15GBのパケットを家族で分け合うことができます。

 

父 シェアパック15=13262

母/息子/娘 シェアオプション×3=302円×3=906円

家族4人で、月合計14168円で1人当たり3542円
これが2年限定でなく、機種変更するまでずっと続くのです。

 

しかも1人当たり月3542円でdocomoのサービスをフルに活用できるのです。
格安SIMへ乗り換えようと思っている方は、もう一度docomoで契約し続けるメリットを考えてみてください。

docomoのサービスとして受けられるメリットには次のようなものが含まれます。

1.docomoの回線が使えますから通話・通信が安定しています。格安SIMのように回線混雑時に通信速度が遅くなる心配がありません。

2.docomoのキャリアメールが使えます。
格安SIMの場合、メールアドレスがあっても迷惑メールと識別されてしまうため、送信相手にメールが届きません。
docomoのキャリアメールならその心配がいりません。
それに金融機関やWebサービスの登録なんかにも使えますし、キャリア決済の利用にも使えます。

3.サポート体制が充実。
全国に2.400店舗ものdocomoショップがありますから、契約の見直し、スマホの操作方法、故障の受付などのサポート体制も充実しています。ショップを行く時間がない方には、docomoオンラインショップもありますから便利に利用できます。

以上、シンプルプランとdocomowithをご家族で利用されると、実際にどれくらい安くなるか(子回線では月302円)をご説明しました。

 

docomo withの対象スマホは2つ。どちらも価格が安い

docomo withを利用するには、docomoが指定した特定の機種を購入しなければなりません。

docomo with指定のスマホとは、arrows Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jの2つなのですが、どちらも価格が安いのが特徴です。
一括で購入すると、arrows Be F-05Jなら28.512円(税込)。Galaxy Feel SC-04Jなら、36.228円(税込)で手に入ります。

どちらかの機種を購入することで、シンプルプランとdocomo withのお得なプランの組み合わせが可能になります。

2つの機種があると、どちらを選ぶか迷うところですね。それでは、arrowsBeF-05J、Galaxy Feel SC-04Jそれぞれの特徴をご紹介します。

一括28.512円の防水・おサイフスマホ:arrows Be F-05J

arrows Be F-05Jは、一括価格28.512円(税込)という低価格のスマホです。しかしながら、防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグなどを搭載しています。ですから、安いだけでなくユーザーが必要とする機能をしっかりと搭載しているおススメのスマホです。

特徴は以下のようなものです

1.ワンセグにはアンテナが内蔵されていますから、いつでも見たい時に安心して使え ます。

2.厚みが約7.8ミリの薄型ですから、手になじみ持ちやすいです。

3.サイドフレームに合金を採用していますから、金属ならではの光沢のある質感を実現して安いのですが「安っぽさ」を感じません。

4.防水・防塵対応。さらに米国国防総省が定めた米国軍用規格MIL-STD-810Gの14項目に準拠していますから、その頑丈さにもお墨付きです。その頑丈さゆえ壊れにくく長く使えますから、arrows Be F-05Jは、機種変更するまで割引が続くdocomo withにはピッタリのスマホでしょう。

子回線ならこちらの3万円弱のスマホを購入することで月の維持費が302円で済んでしまうのです。ご家族の数が増えれば増えるほど一人当たりの運用費が安くなりますから、ぜひご家族全員でお使いください。

 

一括36228円で性能が高いスマホ:Galaxy Feel SC-04J

Galaxy Feel SC-04Jは一括価格36.228円と先ほどのarrows Be F-05Jより少し高いです。

ですがその分利用する上でのメリットが増えています。

1 arrows Be F-05JのスペックはROM16GB、RAM2GBですが、Galaxy Feel SC-04JではROM32GB、RAM3GBとROM/RAM共に容量が多くなり、アプリの保存できる量が増えて重い動作のアプリでもサクサク動かせるようになっています。

2. バッテリーも3000mAhの大容量で、電池持ち時間が約170時間ですから、長時間安心して使えます。急速充電にも対応していて、110分でフル充電できます。

3. 4.7インチの画面は大画面でありながら薄くて片手で操作しやすいバランスの良いサイズです。

4. カメラには人気の「フィルター」「コラージュ」機能が搭載されていますから、設定が要らず誰でも簡単に多彩な写真撮影ができます。

5.もちろん、防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグがついている日本向けの仕様になっています。。

arrows Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jまとめ

arrows Be F-05J 、Galaxy Feel SC-04Jは共に、防水・防塵・おサイフケータイ、ワンセグなど必要な機能はすべてそろっていますから、価格を考えたらとてもお得な端末だと言えます。

安さを重視するならarrows Be F-05J。2年以上同じスマホを使っていこうと考えているならばGalaxy Feel SC-04Jを選ぶと良いでしょう。どちらも価格や性能のバランスが取れている機種ですので、目的にあった買い方が出来るかと思います。

価格も安いし維持費も安いdocomoの新プラン

今までご説明してきたとおり、シングルプランとdocomowithを組み合わせてご家族で利用されると、とってもお得なプランとなります。

繰り返しになりますが、

家族4人で、月合計14168円。1人当たり3542円で、docomoのスマホが使えます。シェアパックのデータ容量を減らせば、更に安く使えることも出来てしまいます。

この運用費でdocomoのキャリア回線を使えるメリット(通話・通信が安定している、キャリアメール・キャリア決済が使えるなど)をフルに活用できるのですから、本当にお得なプランです。

 

docomo with対象機種は、arrows Be F-05JとGalaxy Feel SC-04Jの2つなのですが、どちらも価格が安いのが特徴です。一括で購入すると、arrows Be F-05Jなら28512円(税込)。Galaxy Feel SC-04Jなら、36228円(税込)で手に入るというのは、これまでのdocomoには見られなかった安さです。

2機種とも低価格にもかかわらす、防水・防塵、おサイフケータイ、ワンセグなどユーザーが必要としている機能を搭載しています。安くて使い勝手のよいスマホと言ってもいいでしょう。

スマホも使いやすいものが揃った格安スマホ契約というわけです。

 

そしてdocomo withの最も注目すべきメリットとは、機種変更するまで割引が継続されることです。

docomoでは今までにも端末購入サポートのような割引サービスが存在したものの、2年限定というものが主流でした。ですから、docomo withの機種変更するまで毎月ずっと1500円割引というのは、前代未聞のサービスなのです。

 

お得なプラン、対象機種の価格の安さと性能の良さ、長く使える割引と、シンプルプランとdocomo withの組み合わせは、今までのdocomoでは考えられないお得なプランです。特に家族のみなで利用することができればますますお得なプランとなります。

docomoから格安SIMへ乗り換えようと思っている方、または格安SIMからまたdocomoへ戻ろうかなと迷っている方、あるいは機種変更の時期が迫っている方には、新たな割引方法をもったdocomo with対応機種を購入し、docomoのお得なプラン「シンプルプランとdocomo with」でプランを組んで長期間運用することをおススメしたいです。

 

docomo with対象機種の購入はオンラインショップから。ショップだと在庫が少なく、しかも頭金がかかるので安く買いたいならオンラインショップがベストです。