仮想通貨/暗号通貨に860万円使ったら【ビットコイン/リップル】

今自分は暗号通貨(仮想通貨)の取引に熱中しています。

4月の終わりごろにいろいろと手続きを行い、5月初めから始めているのですが、結構な金額を投入して含み益ながらも結構な金額のリターンが入っています。

投入した資金の10倍を超える瞬間も多々あり、この世界の投資は早ければ早いほど稼げる世界なんだと実感しています。

まだまだ始まったばかりの世界ですので、これから参入する人も資産を数倍に増やせる可能性もあるので、今回は個人的に暗号通貨に使ったお金とどれぐらい儲かっているのか、ということに触れてみたいと思います。

5月から一気に700万円を投入

暗号通貨の取引には、まずは取引所を開設する必要があります。

こちらの開設には1週間ほど時間がかかります。

当初は4月の終わりから資金を投入しようと思ったのですが、この開設の審査に時間がかかって5月の初旬からの取引になりました。

この時に自分でも思い返してみて思い切ったことをしたなと思えたのですが、700万円分のビットコインをいきなり購入しました。今振り返ってもちょっとおかしいと思っていますが、当時は自分の買いたかった「リップル」という通貨がジワジワ上がっていった最中だったので、ここで買っておかなければ!と思い結構な金額を投入しました。

そしてその700万円分のビットコインを、別の暗号通貨(=アルトコイン)に変換し、加速度的なリターンを期待してこの世界に参入しました。

 

6月ですでに6000万近くの含み益

そんな暗号通貨取引について、1ヶ月経った時点でこの記事を書いていますが、現状含み益の段階ながらも大成功といえる結果が出ています。

5月のGW以降、暗号通貨全体の市場の時価総額が一気に上がりました。市場の時価総額が上がるということはそれだけ通貨の価値が上がることを意味しますから、その前に買っていたことで恩恵を十二分に受けることが出来ました。

特に「リップル」が一時大きく爆上げしたことによって、700万円でスタートしたはずの暗号通貨の資産価値・含み益は一時9000万を超えるものになり、もうすぐで1億円に到達する勢いでした。しかし「リップル」はさすがに上げ過ぎたということでその後価格が落ち着き、1億円を超えることはありませんでしたが、それでも購入した通貨全体の価値が1ヶ月の間に底上げされており、6月の含み益はたった1ヶ月でも6000万に近い金額になっています。

たった1ヶ月前には700万円で購入し続けた暗号通貨が、わずか1ヶ月で6000万円近くにまで上昇したというのは自分でも驚いていますし、よくやったと褒めたい気分に駆られています。

正確には700万円の後に追加で160万円を投入して、さらに通貨を買ったので合計では860万が原資なのですが、それでも驚異的に伸びているのがわかってもらえると思います。

これから日本では法整備も進みますし、取引所も大手のところが開設予定なので、さらに盛り上がることは間違いないでしょう。今からでも資産を数倍~数十倍にまで増やすことも夢ではなく現実的です。

 

自分の購入通貨

ちなみに自分の購入している通貨は画像のような感じです。

 

この中ではリップルとゲーム、ネム、イーサリアムという上4つは長期的な視点で動かさずに保有し続けています。

特にリップルは100万XRP以上を運よく安値で買えたので、こちらの値動き次第ではかなりの利益が期待できます。

イーサリアムとリップルは完全に将来性を期待しての買いです。ネムも一緒ですが若干保有量が少ないのはその期待が薄いからです。ゲームは実需の市場があるため、使われる可能性が高いとみて購入しました。

画像の下4つは短期的に保有し、十分に伸びたところで手放したりして別の通貨を買ったりするための投機的な通貨です。

しかしWavesはロシア系ということで期待を持っていますし、Covalは安いので上がり方の爆発力によっては簡単に10倍50倍100倍といった価値を持ちそうですし、RLCにも若干の期待感があります。DGBはゲームのマインクラフトで使えるということで、今保有していてそのうち売る予定です。

こんな感じに将来性を見越した通貨と、短期的な上げ相場に乗っかって原資を増やしてくれる通貨を半々で所有しています。

うまく短期的な上げに乗っかると1日で1.5倍~3倍なんて形で資産を増やせるので、割と少なめの金額でも数日で倍にすることだって慣れれば可能なほどに面白い環境です。

 

すぐの取引は不要も、取引所だけでも作っておいて損はない世界

もちろんこの暗号通貨/仮想通貨の世界は、非常にギャンブル性の強い世界のため参入するには注意が必要です。

必ず余剰資金での参加を心がけ、他人の意見なんかに頼らずに自分の考えで通貨を購入するようにしましょう。

1日で1.5倍になる通貨もあれば、1日で0.5倍になってしまう通貨もあるような世界なので、自己責任での投資が求められます。

そのためこれをやれば儲かるからやろう!とは簡単には言えません。ちゃんと余剰資金のある人が納得した上で参加してもらえればと思います。

ただ個人的には取引所だけでも作っておくことをオススメします。いざ暗号通貨/仮想通貨の波が本物の勢いになった時に、取引所を持っていないとすぐに取引ができず出遅れてしまいます。

登録まで1週間前後はかかってしまうので、せめていつでも始められるようにしておくことで、機会損失を減らすようにしてください。

 

個人的におススメしておくのは、

値動きが激しいものの伸びた時の利益が本当に凄い新興アルトコインを多数扱っている、そして注目度の非常に高いリップルを唯一国内で日本円で購入できる、コインチェック

同じくアルトコインの中で期待値の高いNEMを取り扱っている、Zaif

そしてビットコインとイーサリアムだけしか扱ってないものの、大手金融機関がバックについていて安心な、bitflyer

この3つは実際に取引をしなくても、開設をしておくことで大きな波が来た時に乗り遅れなくて済みます。

個人的にはこの世界に飛び込んでみてよかったと思っていますが、お金の増減が絡む世界ゆえに実際に取引をするかどうかは慎重に判断してください。

ただ取引所自体の開設はタダなので少しでも興味がある人は開設しておくといいでしょう。取引するかしないかは1週間の登録期間の間に考えておくと良いかと思います。