コインチェックの特徴やメリット・デメリット リップル/XRPを簡単に購入できる取引所

コインチェックとは今話題の仮想通貨を取り扱っている取引所の一つです。

2014年11月5日から仮想通貨の取引所事業を行っている国内大手取引所になります。

コインチェックの最大の特徴は豊富な種類の仮想通貨の売買が出来る事です。

取引所の開始当初はビットコインしか扱っていなかったのですがどこよりも早く「次のビットコイン」と呼ばれているイーサリアムの取り扱いも始めました。
今では12種類もの仮想通貨を取り扱っていて、国内の取引所では一番多く仮想通貨を取り扱っています。

他の取引所ではビットコインやイーサリアムなど有名な仮想通貨しか取り扱っていませんが、コインチェックでは仮想通貨時価評価額1位のビットコインはもちろんですが、日本国内の取引所ではどこも扱っていないマイナーな通貨の取引まで積極的に取り入れて、初心者から上級者の人まで満足頂ける取引所となっています。

また、口座開設方法も取引画面もシンプルでとても分かりやすいと評判がとても良いです。
スマホのアプリからも取引ができ1日5万円、出金3万円以内の入金であれば本人確認をしなくても取引する事が出来るため、とりあえずすぐにでも仮想通貨の取引を行いたい人にお勧めの取引所となっています。

それではコインチェックの特徴や口座開設方法など順に説明していきましょう!!!

<コインチェックの特徴>

コインチェックの最大の特徴と言えばやはりどこの取引所より豊富で多くの仮想通貨を取り揃えていることです。
現在、ビットコインをはじめ時価評価額上位、12種類もの仮想通貨を取り扱っています。

・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ファクトム
・モネロ
・オーガー
・Ripple(リップル)
・Zcash
・Litecoin(ライトコイン)
・NEM(ネム)
・Dash(ダッシュ)

こんなにも多くの仮想通貨を取り扱っている取引所は国内にはありません。
特に最近の高騰で話題になっているRipple(リップル)が日本で簡単に買えるのでとても魅力的な取引所と言えるでしょう。

このリップルは、三菱東京UFJ,バンクオブアメリカ,スタンダードチャータードバン,ロイヤルバンクオブスコットランド,サンタンデール,CIBC,ウエストパック銀行などの大手銀行がRipple(リップル)の技術の利用を検討している為、今後の上昇が期待されています。

日本では三菱東京UFJがRipple(リップル)の技術を利用した海外送金サービスなどの新技術サービスを来年2018年より開始予定と発表されました。
その為Ripple(リップル)に期待している方々にとっては日本からの簡単な購入が出来るということで魅力的な取引所です。

この期待値・信頼度が高いRipple(リップル)を国内で取り扱っているのは今のところコインチェックだけです。
Ripple(リップル)の取引を考えている人には絶対にお勧めの取引所となっています。

それでは次にどのようにコインチェックを利用したらいいか説明していきましょう。

 

<コインチェック口座開設方法>

コインチェックを利用するにあたり、まずは口座開設をしなくてはなりません。
口座開設には特に開設費用など特別な料金がかかる事はありません。

コインチェックの口座開設画面はとてもシンプル尚且つ簡単に開設できるようになっていますので初めての方やPCが苦手な方でもすぐに口座開設ができます。

それではコインチェックの口座開設方法の手順を説明しましょう。

手順①:コインチェックへアクセス

まず、コインチェックの公式サイトにアクセスします。

https://coincheck.com/

そしてアカウント作成の項目へ移動します。

コインチェックのアカウント作成には「Facebookのアカウント」もしくは「メールアドレス」を利用します。

今回はメールアドレスからのアカウント作成方法をご紹介したいと思います。

メールアドレスとパスワードを予め決めておき、新規登録画面へと入力して頂き「アカウント作成」をクリックします。

ちなみパスワードはあとで変更できますので何でも大丈夫です。
ただし忘れないようメモを取っておくことをお勧め致します。

さきほどアカウント作成に登録したメールアドレスに申し込み確認のメールが届きます。

メールに記載されているリンク先をクリックしてコインチェックサイトに進めばアカウント登録完了です。

えっもうアカウント登録完了なの?って感じで終わります。
私自身も簡単すぎてビックリしました。

ただし、この時点でまだ、入出金する事ができませ。
入出金する為には電話番号認証(SMS認証)の設定が必要です。

電話番号認証(SMS認証)の設定が完了してやっとコインチェックにて入出金が出来るようになります。

また、電話番号認証(SMS認証)の設定だけですと1日に入出金できる額に上限が設けられてしまいます。
入金5万円、出金3万円までが上限となっています。

この上限設定金額の解除をするにはさらに上の確認方法である本人確認が必要です。
本人確認方法は後程説明致しますのでまずは電話番号認証(SMS認証)方法の説明をしましょう。

手順②:電話番号の登録、SMS認証

下記の手順で行っていきます。

①ウォレット → ②設定 → ③電話番号認証 → ④電話番号入力「SMSを送信」
→ ⑤ ④で入力した電話番号にショートメールが送られてきます。
そこに記載されている6桁の数字を入力し「認証する」をクリックすると完了です。

これで、まずは3万円~5万円までの入出金が出来るようになります。

次に先ほど説明した入出金の上限を解除する為に本人確認方法を説明しましょう。

手順③:本人確認方法

本人確認の前にサービス利用における、各種重要事項の承諾が必要になります。

①設定→②本人確認 をクリックし、

各種重要事項に全てチェックを入れ、「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリック

すると本人確認情報の入力画面(名前や住所、生年月日の入力項目)に進みます。

*コインチェックでは犯罪収益移転防止法に基づき、IDセルフィー、本人確認書類を提出していただき本人確認を行っています。
また、登録された住所へ郵送ハガキお送り、受け取りによる本人確認が必要となっています。

*ここで注意しなくてはならないのが必ず正しい住所入力をする事です。
住所の省略をしたり、本人確認の際に記入した住所と添付する書類に記載されている住所が同じ住所でないと審査に落ちてしまう可能性があります。

上記項目を全て入力して頂き、次にIDセルフィー(提出書類とご本人が一緒に写っている写真)を添付して送ります。

こちらはスマホやケータイのカメラで撮影し、そのファイルをコインチェック側に送ればOKです。

☆本人確認に使用可能な書類☆
・運転免許証(裏面もご提出ください)
・運転経歴証明書(裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
・在留カード(裏面もご提出ください)
・特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
・住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
・マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

*ここでも注意しなくてはならない事があります。
自分の顔と、提出書類に写っている顔がハッキリ写るようにして下さい。
また、提出書類の文字や写真を指などで隠してしまわないように気を付けて下さい。
このように顔や書類がちゃんと写っていない事により書類不備となってしまい再提出になってしまいます。

最後に外国PEPs(外国政府等において重要な地位を占める方、過去にその地位にあった方、またはその家族)に該当しますか? 該当しないにチェックを入れ、「本人確認書類を提出する」をクリック。

本人確認書類の確認が完了するとコインチェックからメールが届きます。
完了まで1~2営業日かかるそうですが早い人は半日ぐらいで確認が完了されたという人もいます。

 

コインチェックからのメールが届いてやっと利用できるようになります。

ただし、今の時点ではコインチェックの本人確認が仮登録の状態の為、利用できる機能は入金・売買、あとはアフィリエイトリンクの入手となっています。
アプリの利用も出来ません。アプリを立ち上げると「本人確認が必要です」と表示されたままとなっています。

手順④:ハガキを受け取り本登録完了

最終的に本人確認の入力ホーム送信後、1週間程度で本人確認ハガキが届きますのでそれを受け取って本登録完了になります。

本登録完了になりますと全ての機能が利用可能になります。
アプリも今まで「本人確認が必要です」と表示されていたのが表示されなくなります。

本人確認ハガキは簡易書留で届きます。

もしも不在で本人確認ハガキを受け取れなくても「不在票」が投函されていますので、再配達のお願いをしてください。
コインチェック株式会社から送付されてから7日以内に受け取り確認ができないと本人確認が認められないことになってしまう可能性もありますので受け取りは早めにするよう心がけましょう。

また、本人確認ハガキは、「転送不要」となっているため登録した住所以外への転送はできません。

*本人確認と同時に犯罪防止のため預金通帳確認も行っておきましょう。
クレジットカードで購入したビットコインを一週間以内に送金する時やビットコインを日本円に換金して出金する時には、預金通帳かキャッシュカードの画像を提出する必要となりますので最初に設定しておく手続きがスムーズに進みます。

それでは次に取引方法の説明を行っていきましょう。

 

<コインチェックへの入金方法>

コインチェックでは入金が円だけではなく、ドルからの入金ができるようになっています。
また、入金方法も豊富で銀行振込、USドル入金、コンビニ入金、クリック入金などから選択できます。

銀行振込

「ウォレット」→「日本円/USドルを入金」→「銀行振込、USドル入金、コンビニ入金、クリック入金」と4つの入金方法が出てきますので「銀行振込」を選択→
すると「あなたのユーザーID」とコインチェックの振込先の銀行名、支店名、口座種類別、口座番号、口座名義が出てきますので指定された銀行に入金して完了になります。

ここで注意する点は
・入金5万円以上の場合は本人確認が必要になります。
・振込名義人欄は「ユーザーID●●●+あなたの名前」に変更して下さい。
・指定振込先口座が時々変わりますので必ず入金の際は変更がないかチェックして下さい。

またコインチェックの銀行口座は住信SBIネット銀行となっていますので同じ銀行の口座を持っていると手数料がかからない為お勧めとなっています。

USドルを入金

USドル入金は、手数料が「25USD」つまり3000円弱かかってくることになるため注意が必要となってきます。その為、慣れていない人にはお勧め入金方法ではありません。

コンビニからの入金

利用できるコンビニはファミリーマート、ミニストップ、ローソンです。
ただし、コンビニ入金する為にはあらかじめ電話番号認証と本人確認を行っていないと利用できません。
また、入金額は3000円以上からになっています。

「ウォレット」→「日本円/USドルを入金」→「コンビニ入金」

すると情報入力画面が表示されます。
氏名・電話番号・メールアドレス・入金額を入力し、「決済申請」をクリック。

コンビニで入金の際に必要な情報(番号など)が表示されますので、間違いのないようにメモしてコンビニにある端末を操作してレジで支払って送金完了になります。

コンビニの端末の利用方法が分からない場合は店員さんに聞けば教えて頂けます。
お近くいファミリーマート、ミニストップ、ローソンなどがある場合は便利かもしれませんね。

クイック入金

コインチェックのクイック入金は「ペイジー決算」に対応している銀行のみの取り扱いとなります。
ほとんどの銀行から送金する事が可能となっていますが、念の為ペイジーに対応している銀行を調べておくことが必要です。

土日など銀行の営業時間外で銀行からすぐに入金したいような場合には便利です。

クイック入金もコンビニ入金同様、あらかじめ電話番号認証と本人確認を行っていないと利用できません。
また、入金額もコンビニ入金同様、3000円以上からになっています。

「ウォレット」→「日本円/USドルを入金」→「クイック入金」

情報入力画面が表示されます。

氏名(漢字、カナ)、郵便番号、住所、電話番号、入金額(3000円以上)を入力し
「決算申請」をクリックするとペイジー決済に必要な情報が表示されますので、間違えないようにメモをしてネットバンキングからペイジー決済を行いこれでクイック入金完了となります。

入金の際の手数料

上記を見て分かるようにコインチェックへの入金は銀行振込が一番安いのが分かります。
急ぎの場合でなければ出来るだけ銀行振込からの入金をお勧め致します。

また、コインチェックの銀行口座は住信SBIネット銀行となっていますので同じ銀行からの振込みにすれば手数料が無料になるのでお勧めです。

コンビニ入金、クイック入金の手数料はbitFlyerの場合は324円となっていますがコインチェックの場合は756円~と倍以上の手数料がかかりますので要注意です。

 

<コインチェックからの出金方法>

コインチェックから仮想通貨を売買してそのままコインチェックのウォレットにて保管しておく事も出来ますがコインチェックに預けている日本円をお持ちの口座に移す事も出来ます。これを日本円出金と言います。

それでは出金方法を説明してきましょう。

振込先口座の選択
「ウォレット」→「日本円を出金する」→「この口座に振り込む」

・すでに登録されている口座があればその口座が表示されます。
問題なければ「この口座に振り込む」をクリック

・他の口座に振り込んでもらいたい場合は
「新しい口座を登録する」→「日本国内か海外送金」を選択
→銀行名、支店名、口座種類、口座番号、口座名義(全角カタカナ)を入力」
→「登録する」クリック
→新しく登録した口座に間違いがないか確認して「この口座に振り込む」をクリック

日本円を出金:登録口座への振込み
「出金したい金額を入力」→「出金申請をする」→完了

出金申請を頂いてから、約1~2日前後でお客様の口座にお振り込みされます。

また、出金の上限金額は下記のようになっています。
・本人確認書類を提出している場合:5千万円以下
・本人確認書類を提出していない場合:3万円未満

*振込先の口座番号を意図しない理由で間違えて出金された場合はコインチェック
より振込先に対して組戻し申請を行うことができます。

振込先より同意が得られれば振込のキャンセルが可能です。
組戻し申請から5〜10営業日ほどでキャンセルが完了します。

*こういった事が起こらないよう銀行口座の登録は慎重に確認しながら行いましょう。

 

<コインチェックにて仮想通貨を購入する方法>

通貨を購入する流れは以下のようになります。

「ウォレット」→「コインを買う」→「購入したい仮想通貨を選択」→「購入したい数量を入力」→購入時のレート・実際かかる合計金額を確認→「購入する」→完了

*購入したい数量は円(JPY)とビットコイン(BTC)のどちらかを選択できます。

*購入数量を入力すると購入時のレートが表示されます。
コインチェックではコインの購入の際に取引手数料がかかりますので実際のレートよりコインの購入価格が少し高めになる事を知っておきましょう。

*取引手数料を含めた合計金額が表示されます。

最後に「購入する」をクリックし完了。

ただし、「購入する」をクリックすると最終確認画面は出てこず一発で購入決定になってしまいます。
「購入する」をクリックする前に間違いはないか要確認が必要です。

 

<クレジットカードでビットコインを購入する方法>

コインチェックではビットコインのみクレジットカードにて購入する事ができます。

「ウォレット」→「クレジットで買う」
→(5,000円・10,000円・50,000円・100,000円・300,000円・1,000,000円)のいずれかを選択→「購入する」クリックで完了になります。

自分で金額を指定して購入の場合は下記にある「金額を指定して購入する」からいくら分買うか入力し「購入する」クリックで完了になります。

*コインを買うと同じように「購入する」をクリックすると最終確認画面は出てこず一発で購入決定になってしまいます。
「購入する」をクリックする前に間違いはないか要確認が必要です。

また、他の仮想通貨はビットコインから購入できるので、実質的にクレジットカードで沢山の種類の仮想通貨を購入できる事になります。

 

<仮想通貨を売却する方法>

利益が出たら仮想通貨を売却することで日本円に変えることが出来ます。

「ウォレット」→「コインを売る」→「売りたい仮想通貨を選択」→「売却したい数量を入力」→売却時のレート・実際かかる合計金額を確認→「売却する」→完了

*購入時同様、最終確認画面は出てこず一発で売却決定になってしまいます。
「売却する」をクリックする前に間違いはないか要確認が必要です。

<コインチェックにて仮想通貨を送金する方法>

日本に出稼ぎで来ている外国人の方が家族にビットコインを仕送りする際などに送金システムを利用します。
出稼ぎで来ている外国人の方が家族に銀行から送金をすると手数料が6500~8500円ぐらいかかってしまいます。
これが毎月毎月かかる費用だと思うとかなり高額な負担金です。
でも、仮想通貨の送金だと手数料がほとんどかからない為、大変お得となっています。

その為、今仮想通貨の送金が海外では当たり前のように行われています。

それでは仮想通貨の送金方法を説明しましょう。

まずコインチェックでは現在12種類もの仮想通貨を取り扱っていますが送金の際には相手先の取引所が送りたい仮想通貨に対応しているか要確認してから行いましょう。

「ウォレット」→「コインを送る」→「送金したい仮想通貨をチェック」→「宛先(送金先のアドレス)金額、を入力」→「送金する」→完了

「手数料」の欄のところは最初から手数料が決まっているのでこちらで設定などはできません。

ここで要注意です。
宛先のアドレスに1文字でも誤りがあると指定の場所に送付されず取り戻すこともできませんので何度もアドレスを確認してからクリックしましょう。

 

<コインチェックにて仮想通貨を受け取る方法>

別の取引所や友人から仮想通貨を受け取る場合は、自分の対象通貨の入金用のウォレットアドレスに振り込んでもらう形になります。

「ウォレット」→「コインを受け取る」→「通常用入金アドレス」が表示されます

*「QRコードを表示」からアドレス確認する事も出来ます。
*他の仮想通貨を受け取る事もできます。
下にスライドさえると様々な仮想通貨の「アドレス作成」欄が出てきますのでお目当ての仮想通貨「アドレス作成」をクリックすると受け取り用のアドレスが表示されます。
仮想通貨によって送金条件が異ないますので、それぞれ記載されている内容を確認しときましょう。

また、通常の送金ですと約30分かかる時間がかかってしまう為、早く送金をしたい人には「高速入金アドレス」がお勧めです。
「高速入金アドレス」を利用すると60秒ほどで送金ができます。

ただし、手数料が若干高めで0.02BTCかかります。

また、下記の条件が必要です。
●入金額が0.02BTC以上30BTC以下であること
●入金のトランザクションを確認してから1分以上経過していること

これらの条件を踏まえた上で早く送金したいと思っている人には是非「高速入金アドレス」をご利用してみて下さい。

あとは「送付元の送付手順に従って」進めていけば手続き完了です。

アドレスが一文字でも間違ってしまうと仮想通貨を受け取る事ができません。
しつこいようですが何度も再確認するよう注意して下さい。

 

コインチェックでは口座開設も取引画面もとてもシンプルで分かりやすくなっています。
また、日本国内ではどこよりも多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。
とくに最近人気が出ているRipple(リップル)などが銀行口座やコンビニ、クリック支払などの簡単な方法で売買できる為、とても注目を集めています
Ripple(リップル)などビットコイン以外の仮想通貨に興味がある人にはお勧めの取引所です。

 

<コインチェックの注意点!>

コインチェックを利用するにあたり注意しなくてはならない点が3あります。

入出金に対応している仮想通貨が少ない

コインチェックでは現在12種類もの仮想通貨を取り扱っていますが実質入出金に対応している通貨は、ビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・Augur・リップル(XRP)の5種類しかありません。(2017年6月6日時点)

これだとせっかく安い時に仮想通貨を購入できたとしても、実際レートが上がっても下がってもどうする事も出来ずウォレットに保管しとく事しかできません。

確かにコインチェックではまだあまり知られていない仮想通貨も取り扱っている為、人気が出る前に安く購入する事ができます。
でも、仮想通貨の歴史はまだ浅く、日本円のように紙やコインの存在はなくインターネット上のデータとして存在している通貨です。
そんな真新しい通貨が今度どうなるかは未知の世界です。

私的にはこれらを踏まえ、ある程度信用度が高いビットコインをはじめまずはRipple(リップル)などの入出金が出来る仮想通貨の購入から始めることをお勧めいたします。

手数料やスプレッドが若干高め

コインチェックでは手数料やスプレッドなどが他の取引所の相場に比べ高めに設定されています。

コインチェックの特徴はやはり種類豊富の仮想通貨を取り揃えていることですがその分手数料やスプレッドによって購入価格が若干高めになってしまいます。

また、コインチェックではビットコインのみクレジットカードにて購入する事ができますがクレジットカード決算の時に手数料がかかってしまいます。
手数料はその時のレートの状態で変わりますが他の取引所に比べこちらも高めの設定となっています。

この事を踏まえた上で他の取引所にはない仮想通貨を購入し売買を楽しみたいなと思っている人には納得してご利用して頂けると思います。ですがビットコインやイーサリアムの購入に使おうと考えているようだと、手数料やスプレッドが気になってしまう取引所かもしれません。

セキュリティ面は安全?

実はコインチェックでよく問題視されていたのはセキュリティ面です。
「bitflyer」では2段階認証、「Poloniex」ではメールでの確認などがありセキュリティ面では多少なりとも信用があります。

それに比べコインチェックでは送金時に何の認証が行われずストレートに仮想通貨が出金できてしまいます。
この状態はアカウントをハッキングされてしまったらいつでも誰にでも仮想通貨が出金されてしまうと言えるでしょう。
コインチェックのセキュリティ面は他の取引所に比べると緩いと言えるのが大きなデメリットとなっています。

*追記*
コインチェックでもセキュリティの強化が実施され2017年6月6日から出金時、送金時に2段階認証が行わるようになりました。
また、ログイン時に一定回数以上アカウント情報の入力に失敗した場合は第3者からの不正アクセス防止の為にアカウントを一時的に30分間ロックされます。

今までコインチェックのセキュリティに不安を感じていた人もこれからは安心して利用できるのではないでしょうか。

 

<まとめ>

コインチェックでは上記のようなデメリットもありますがやはり国内でどこよりも多くの種類の仮想通貨を取り扱っている事はとても魅力的な取引所と言えるでしょう。

しかも最近の高騰で話題となっているRipple(リップル)が日本円で買える取引所はコインチェックだけとなっています。

例え口座を利用しなくても維持費等の料金は一切かかりませんので少しでも仮想通貨に興味を持たれているならば口座開設をしておくことをお勧め致します。

また、現在新規に口座開設した人に条件が伴えば5000円キャッシュバックキャンペーンも行っています。
是非これを機に口座開設してみてはいかかでしょうか。

コインチェックはこちらから⇒https://coincheck.com/