高還元のポイントカードならリクルートカードがオススメ!電子マネーチャージでも1.2%が付くカード

現代、クレジットカードは多くの会社から発行されています。

そんな中からどこのクレジットカードを作るか迷ってしまいますよね。

皆さんはクレジットカードを利用にあたり何を一番重視しますか?
私はクレジットカードを利用してお買い物するならやはりポイント還元率が高いカードを利用したいなと思います。

今回はそんな高還元率のポイントをGETできてしまう「リクルートカード」についてご紹介したいと思います。

通常、年会費が無料のクレジットカードのポイント還元率は0.5%前後が普通です。
しかし、リクルートカードでは年会費無料にもかかわらずポイント還元率が1.2%と高還元率となっています。
これは数ある年会費無料のクレジットカードの中でも上位の還元率と言っていいでしょう。

さらにリクルートカードでは電子マネーへのチャージも出来、さらにポイントも通常のお買い物と変わらず1.2%の高還元率となっています。

また、リクルートカードはポンパレモールや旅行サイトじゃらんなどのサイトを展開していて、こういったリクルート会社運営のサイトを利用するとさらにポイントが貯まりやすくなっているのです。

とにかくポイントをたくさん貯めてお得感を味わいたいと考えている人にはリクルートカード本当にお勧めのクレジットカードとなっていますので是非参考にして頂けたらと思います。

それではリクルートカードのメリット、デメリットなど詳しくご紹介していきましょう。

<リクルートカードの特徴>

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードです。
家族カードも年会費無料で作れます。

また専業主婦や学生でも比較的発行されやすいクレジットカードとなっています。
そしてなんと言ってもポイントの還元率が1.2%と高いのが魅力的なクレジットカードです。
それではこんなに魅力的なクレジットカードのメリット、デメリットを挙げてそれぞれ検討していってみましょう。

リクルートカードのメリット

  • 年会費が無料なのにポイント還元率が1.2%と高還元率となっている。
  • 電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる。ポイント還元率は1.2%
  • 貯まったリクルートポイントはLAWSONなどで利用できるPontaポイントに交換できる。
  • ポイントは1回1回の利用の度に還元されるのではなく1ヶ月の合計利用額に対して1.2%かけられるので無駄なくポイントが貯まる。
例:Yahooカードの場合は1回の利用の度に100円に対して1%ポイントが貯まるので
99円のお買いのも対してポイントは付与されません。
しかし、リクルートカードの場合は1ヶ月の合計利用額に対してポイントがかけられます。
たとえ1ヶ月の合計利用額が99円だったとしても1.2%かけられ1.188ポイントとなり、1ポイント付与されます。(1ポイント未満、端数の0.188ポイントは切り捨てられます)リクルートカードは大体84円前後に利用すると1ポイント付与される事になります。

 

デメリット

  • 海外、国内旅行傷害保険が利用付帯の為、旅行目的では向いていいない。
  • 貯まったリクルートポイントの使いみちがあまりない。

 

それでは次に上記に挙げたメリット、デメリットについて詳しく説明していきましょう。

 

<ポイント還元率は1.2%と高還元率のクレジットカード>

リクルートカード最大の魅力はなんと言ってもポイント還元率が1.2%と高還元率となっていることです。
確かに上を見ればもっと高い高還元率のクレジットカードはあります。

しかしリクルートカードの特徴は年会費が無料にも関わらず1.2%もの還元率がある事です。

そして、もう一つの特徴は先ほども少し説明しましたが、1回の利用額に対してのポイントの還元ではなく、1ヶ月の利用額に対してのポイント還元となっていることです。

それではもっと分かりやすく他の年会費無料の中でも特に人気があるクレジットカードと比較してみましょう。

リクルートカード 楽天カード Yahoo!Japanカード
年会費  無料  無料  無料
ポイント還元率 1.2%   1%  1%
ポイント加算基準  月額合計 月額合計 1回ごとの利用額
端数切捨て 1ポイント未満  100円未満 100円未満

まず、上記を見ても分かるようにポイント還元率は3社の中で断トツに高還元率となっています。

そして次に注目なのがポイントの加算単位です。

これは先ほども少し話題に出ましたが、Yahooカードの場合1回の利用の度に100円に対して1%ポイント還元されます。
その為99円のお買い物をしてもポイントが付与されません。
例え99円の商品を1ヶ月に10個購入してもYahooカードは1ヶ月の合計利用額ではなく1回1回のお買い物対してポイントが加算される為ポイントは0ポイントになります。

楽天カードの場合は1ヶ月の合計利用額に対してポイントが加算されます。
しかし、100円未満の端数はポイントに加算されません。
その為99円のお買い物をしてもポイントが付与されません。
また、99円の商品を1ヶ月に10個購入し990円の合計利用額だった場合
例:99円×10個=990円×1%=9.9ポイント
となりますが、ポイント加算単位が100円となっているので990のうち90円はポイント加算対象外となり、900×1%=9ポイントの加算になります。

リクルートカードの場合は1ヶ月の合計利用額に対して1.2%のポイントが還元されます。
さらに、ポイント加算単位が他の2つのクレジットカードとは違い合計利用額すべての金額にポイントが加算されるのです。

ただし、加算されたポイントに端数が出た場合は切り捨てになります。

例として99円の商品10購入し1ヶ月の合計金額が990円だった場合
99円×10個=990円×1.2%=11.88ポイント
0.88ポイントは端数として切捨てられる為、11ポイント還元されます。

例え1ヶ月99円の商品1個しか購入しなくても
99円×1個=99円×1.2%=1.188ポイント
0.188ポイントは切り捨てられますが1ポイント付加されるのです。

このようにリクルートカード他のクレジットカード違いポイント還元率が高いうえにさらにポイント加算単位が全額利用額となっている為、無駄なくどんどんポイントが貯まっていく仕組みとなっているのです。

ポイントを貯める事を重視している人には絶対にお勧めのクレジットカードです。

 

電子マネーチャージでもポイントが貯まる

クレジットカードはカード会社によっては電子マネーへのチャージが出来なかったり、チャージが出来たとしてもポイントは付加されなかったりします。

しかし、リクルートカードでは電子マネーへのチャージはもちろん可能になっていながら、さらにポイントの還元もちゃんとされます。

他のクレジットカードでも電子マネーへのチャージができるカードはあります。
例えば先ほど比較させて頂いた、Yahooカードや楽天カードなどはリクルートカードと同じく電子マネーへのチャージにてポイントも還元されます。

でも、リクルートカード凄いところは電子マネーへのチャージでも普通のお買い物同様1.2%もの高還元率となっていることです。
(ちなみにYahooカードや楽天カードでの電子マネーへのチャージは0.5%~1%です。)

しかし、リクルートカードはクレジットブランドにより電マネーへのチャージ対象がそれぞれ異なっています。

VISA、Mastercardの場合はnanaco、楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAへチャージができます。
Mastercardは2017年1月23日に新しく追加されたブランドです。VISAカードとの違いはau WALLETへもチャージが出来るのが特徴です。

JCBnanaco、モバイルSUICAへチャージする事ができます。

リクルートカード発行の際にはこの3つのブランドから選ぶ事ができますが電子マネーへのチャージだけを重視するとMastercardが一番多くの電子マネーへチャージ出来る為お得感を感じられると思います。

Yahooカードや楽天カードの場合※nanacoへのチャージが出来るブランドはJCBのみとなっていますがリクルートカードは3つのブランドどれを選んでもnanacoへのチャージができるのも特徴といえるでしょう。

そしてなんと言っても高還元率のポイントです。
どの電子マネーへのチャージに対してもポイントは1.2%還元される為、お得感満載のクレジットカードです。

※nanacoとはセブンイレブンやイトーヨーカードなどで利用できる電子マネーです。
nanacoにお金をチャージする事で現金がなくても買い物が出来るうえにポイントもちゃっかり貯まる電子マネーカードとなっています。

nanacoへのチャージでポイント2重取り

チャージが出来る電子マネーの中で特にnanacoへのチャージはお勧めとなっています。

まず、nanacoへリクルートカードを利用してチャージする事でリクルートカードにポイントが1.2%還元されます。
そしてチャージされたnanacoを利用すると今度はnanacoにポイントが1%還元されます。
つまり

リクルートカード1.2% + nanaco1% = 2.2%のポイント還元

いわばポイントの2重取りが行われるわけです。

そしてnanacoの特徴はなんと電気、ガス、水道などの公共料金の支払いや、社会保険料や税金(国民健康保険、国民年金、住民税、所得性、自動車税、固定資産税)などの定期的に支払わなくてはならない高額な費用までもnanacで支払うことができる事です。

その為、リクルートカードでチャージしたnanacoで支払う事で必要経費を払いながら高ポイントを受け取ることが出来るのです。

セブンイレブンやイトーヨーカードなどをよく利用される方はもちろんですが公共料金や社会保険料を銀行口座からの引き落としではなくコンビニなどから支払っている人は是非リクルートカードからチャージされたnanocoからお支払してポイントを沢山貯めてみたらどうでしょうか。

楽天Edyへのチャージはリクルートカードが一番お得。ポイント3重取りも

楽天Edyとはnanaco同様、現金がなくても買い物が出来きさらにポイントが貯まる電子マネーとなっています。
楽天Edyの特徴は利用可能店舗数か一番多い事です。
使用できる店舗が多いということは、それだけ使い勝手がよいという事になります。

そして楽天Edyへのチャージをする事でポイントの2重取りもできます。
リクルートカードから楽天Edyへチャージする事でリクルートカードに1.2%のポイントが還元されます。
さらにチャージされた楽天Edyを利用すると0.5%のポイントが楽天Edyに還元されます。

リクルートカード1.2% + 楽天Edy0.5% = 1.7%のポイント還元

ポイントの2重取りです。

さらにPonta対応のお店で利用する際には支払い時にPontaカードを提示するとポイントが100円に対して1ポイント貯まる為、ポイントの3重取りも出来てしまうのです。

 

楽天Edyと聞くと、楽天カードからチャージする方がお得なのではと勘違いされている人が多いのではないでしょうか?

実は楽天Edyへのチャージで一番お得にポイントが貯まるのはリクルートカードなのです。

楽天カードからのチャージはなんとたったの0.5%しか還元されません。
それに比べリクルートカードからのチャージは倍以上の1.2%の還元となっています。

楽天Edyを利用されている方でより多くのポイントを貯めようと考えている人はチャージ用にリクルートカードを作っておくのもいいかもしれませんね。

 

 

上記内容を見ても分かるようにリクルートカードは電子マネーへのチャージが優れていると言えるでしょう。

チャージ自体が出来ないクレジットカードがあったり電子マネーへのチャージは通常のポイント還元率より下がったりするクレジットカードが目立ちますがそんな中、リクルートカードではチャージできる電子マネーが豊富となっていて、さらにポイント還元率も通常と変わらず1.2%と高水準をキープしています。

これは年会費無料のクレジットカードの中で一番の還元率となっています。

これを機にすでにお持ちの電子マネーを利用する際には是非リクルートカードからチャージしてポイントを貯めてみて下さい。

また、電子マネーを持っていない人もセブンイレブンやイトーヨーカードをよく利用される方はnanaco、電車をよく利用される方はモバイルSuica・SMART ICOCAなど新たに電子マネーを作成しリクルートカードからチャージをする事で高ポイントを貯めてみたらどうでしょうか?

リクルートカードを介する事で電子マネーのポイントもどんどん貯まりやすくなっていますので是非挑戦してみて下さい。

 

貯まったポイントはPontaポイントに交換できる

リクルートカードは今までの説明でも分かる様に本当にポイントが貯まりやすいクレジットカードです。
しかし、せっかく貯まったポイントも使いみちがなかったら意味ないですよね。

でも大丈夫です。
リクルートカードでは貯まったポイントの有効活用が揃っています。

まず、一般的にリクルートカードを利用して貯まるポイントはリクルートポイントと言います。
リクルートポイントはリクルートが運営するサイトやサービスで利用できるようになっているのですが決して利用しやすいとは言えません。
例えば

  • ポンパレモール(こちらはYahooショッピングや楽天市場に対抗しているショッピングサイトですが正直まだ知名度は低いです)
  • じゃらん
  • ホットペッパー

などが挙げられます。

 

じゃらんやホットペッパーを利用されている方は結構多いと思うのですが、こういったサービスをあまり利用しない人には貯まったリクルートポイントの使い道が難しく感じられるかと思います。
そういった人におお勧め方法があります。
それは貯まったリクルートポイントをPontaポイントに交換して利用する事です。

それでは次にPontaポイントへの交換について説明しましょう。

Pontaポイントへ交換

リクルートポイントは実はPontaポイントに交換する事ができるのです。
ポンタって名前ぐらいは聞いた時ありますよね。
大手コンビニチェーン店LAWSONにて利用する事ができるポイントです。

結構、Pontaカードを持っている人は多いのではないでしょうか?
私もLAWSONを利用した時に勧められて年会費が無料という事もあり作りました。

実は2015年11月にリクルートポイントとPontaポイントは統合されとても利便性がよくなりました。
なんとリクルートポイントからPontaポイントに交換する際には同等の価値でポイントの交換ができるようになったのです。

100リクルートポイント→100Pontaポイント交換
もちろん逆のPontaポイントからリクルートポイントへの交換も可能です。

そしてPontaポイントはなんとドコモのdポイントへの交換もできちゃうのです。
2015年5月にPontaとドコモが業務提携を行いポイントの相互交換ができるようになりました。
しかもポイントの交換は同等の価値で交換できます。

100Pontaポイント→100dポイント交換
もちろん逆のdポイントからPontaポイントへの交換も可能です。

これはドコモユーザーの人にはとてもお得なサービスと言えます。
私もドコモ利用している為、Pontaポイントからdポイントへ交換が出来るようになり今では貯まったポイントは最終的にdocomoのスマホの支払いにあてています。

さらにPontaポイントはLINEギフトへの交換やANAマイルへの交換が可能となっているので自分のあったスタイルのポイント交換が出来ます。

こちらを駆使すればリクルートポイントをかなり有効活用できることでしょう。

 

<ポイント還元以外にあまり特徴がない?>

リクルートカードは今までの説明でも分かりますようにポイントがとても貯まりやすいクレジットカードとなっています。

  • ポイントの還元率が1.2%と高還元率
  • 電子マネーへのチャージでもポイント1.2%の還元率

これだけでも年会費無料のクレジットカードの中でもとても優秀のカードと言えるでしょう。

しかしながら実はリクルートカードはポイント還元率が高いという事以外に特に特徴があまりないのがデメリットとなっています。

 

他のクレジットカードは何かしら目的に合わせて特徴があったりします。

例えばYahooカードや楽天カードの場合はそれぞれの会社が経営しているYahooショッピングや楽天市場でのネットショッピングの際にポイントが高還元率になったりします。
もちろん、リクルートカードにもポンパレモールや旅行サイトじゃらんなど提携しているサイトがあります。

しかしながら正直Yahooショッピングや楽天市場に比べるとまだまだ世間には広まっていないのが現実です。

それでは何点かリクルートカードデメリットについて挙げてみましょう。

国内・海外旅行傷害保険の不便性

クレジットカードを作るにあたり頻繁に旅行をする人は旅行傷害保険の付帯を重視する人も多くいられると思います。
リクルートカードにはもちろん国内・海外旅行傷害保険は付帯されています。

しかし、どちらも利用付帯となっています。

 

保険には自動付帯と利用付帯があります。

自動付帯はクレジットカードの利用がなくても自動で保険がおりることです。

利用付帯とは旅行パックツアー代金の支払いや旅行中の交通手段の支払いなどでそのクレジットカードを利用しないと保険がおりない事です。

正直、利用付帯は私的には面倒な作業ですが、一回でもクレジットカードを利用すれだけで旅行傷害保険がおりるので利用する価値はあるかと思います。

 

また、リクルートカードの旅行傷害保険の内容ははっきり言って充実しているとは言えません。

海外旅行に行った際に一番充実してほしい内容は怪我や病気をしたときの治療補償だと思います。しかし、リクルートカードでは治療補償の金額が100万円しか負担されません。

一瞬100万円も保険金がおりるなら十分なのでは?と思った方いませんか。
でも、海外では日本の健康保険はもちろん利用できません。
その為、病気になって手術や入院などすると高額な医療費の請求がきます。

例:ハワイで盲腸になった場合はなんと250万円以上かかりってしまうのです。

上記内容からみて100万円の補償では海外旅行をする際には全然足りない事が分かります。

また、国内の旅行傷害補償は死亡や後遺障害になってしまったときにしかおりません。

 

このようにリクルートカードの旅行傷害補償は利用付帯であったり、内容も充実していない為、けしてお勧めとは言えないのがデメリットです。

海外旅行によく行く人や、海外出張が多い人はリクルートカードとは別で旅行傷害補償が充実しているクレジットカードを利用する事をお勧め致します。
クレジットカードを2枚持ちをする事で安心して旅行や出張を楽しめちゃいますよ。

ETCカードの発行手数料がブランドによって変わる

車をよく利用される方ならできればETCも付けたいと思っている方は沢山いると思います。
リクルートカードではもちろんETCを付ける事は可能なのですがカードブランドによっては発行手数料がかかってしまいます。

VISA、Mastercardはチャージできる電子マネーの種類が多い為、お勧めなのですが発行手数料として1,000円かかってしまいます。
それに比べJCBはチャージできる電子マネーが限られているのですが発行手数料は無料となっているのです。

しかし、Yahooカードや楽天カードでは発行手数料は無料なのですが年会費500円かかります。

リクルートカードはどのブランドも年会費は無料となっているのでたとえ発行手数料が1,000円かかったとしても毎年かかる年会費は無料となっています。
年会費がかかるYahooカードや楽天カードに比べると発行手数料1,000円かかっても年会費が無料のるリクルートカードの方が結果的に優れていると言えるのではないでしょうか?

Pontaの利便性があまりない

リクルートポイントからPontaポイントへ交換できると先ほど説明しましたが、実はPontaポイントが貯まる店舗は多数あるのですが実際にPontaポイントを利用できる実店舗は今のところあまり揃っていないのが少し難点となっています。

今のところ主にPontaポイントが利用できる実店舗は下記のお店になります。

・LAWSON
・GEO(ゲオ)
・HMV
・ビックカメラ
・大戸屋
・ケンタッキー
・ピザハット
・和民
・昭和シェル石油
・HIS(オンライン予約限定)

正直まだまだPontaポイントを利用できるお店は少ないのが現実です。

しかし、LAWSONをよく利用する人にはPontaポイントは魅力的ではないでしょうか?
LAWSONは全国展開されている大手コンビニチェーンですので誰でも気軽に利用しやすい場所です。

また、LAWSONでは「お試し引換券」というとてもお得なサービスを実施しています。
LAWSON に置いてある端末・Loppiを利用してお試し引換券を発見すると商品がお得に購入する事ができる仕組みとなっています。

お菓子、ジュース、お酒、カップラーメンなどの商品をお得に購入できます。

例えば120円のアイスが60ポイントで購入できたり、165円のキリンビールが70ポイントで購入できたりします。

その日によってお試し引換券の内容は変わりますが本当にお得に購入する事ができます。
是非、Pontaポイントを利用してLAWSONのお試し引換券にてお得に商品をGETしてみて下さい。

また、Pontaポイントはdポイントに交換できますのでdocomoユーザーの方はスマホの利用料金の支払いにあてる事も可能となっています。

 

<まとめ>

リクルートカードの特徴はなんと言ってもポイント還元率が1.2%と高還元率な事です。

年会費無料のクレジットカード中ではどこよりも高いポイント還元率と言えるでしょう。

しかも、リクルートカードの場合、nanacoや楽天Edy、モバイルSuicaへなどの電子マネーへのチャージでもポイントが1.2%還元されます。
これは他のクレジットカードではあまりあり得ない還元率です。

通常電子マネーへのチャージができたとしてもポイントの還元率が通常のお買い物の還元率とは違い低くなることが多いのですがリクルートカードの場合は通常のお買い物同様の1.2%の還元率となっています。

そして、ポイント加算単位が全額利用額となっている為、他のクレジットとは違い無駄なくどんどんポイントが貯まる仕組みとなっています。

しかも、貯まったリクルートポイントはPontaポイントへ変換する事が出来きます。
でも、残念ながら、Pontaポイントの利用できる実店舗は今のところ決して多いとは言えません。
でも、コンビニLAWSONは全国どこにでもあるコンビニとなっていますので利用されている人も多いのではないでしょう?
LAWSONはPontaポイントを一番フル活用できる場所となっています。

是非、LAWSONのお試し引換券を利用してお得に商品をGETしてみて下さい。

 

また、Pontaポイントはdポイントへ交換する事ができますのでdocomoユーザーの人は貯まったリクルートポイントをPontaポイント交換しさらにdポイントへ交換することでスマホ料金の支払いにあてる事ができます。

今までの内容で分かるようにリクルートカードは年会費無料のクレジットカードの中でもどこよりもポイントが貯まりやすくなっています。

また、貯まったリクルートポイントもPontaポイントやdポイントに交換できる為、とても活用しやすくなっています。

リクルートカードを利用してどんどんポイントをGETし自分いあったスタイルで貯まったポイントを活用し是非、お得感を味わってみて下さい。