楽天カードの特徴まとめ ポイント高還元・年会費無料・審査も通りやすい

クレジットカードを作る際に皆さんが気になるのが年会費、ポイントなどの還元率、ポイントの活用方法などだと思います。

人それぞれにあったクレジットカードを選ぶのが一番ですが初めてクレジットカードを作る為どこがいいか分からない

また、学生や主婦でもカード持てるのかな?など不安を抱えている人も多々いるかと思います。

そんな方々には私としては楽天カードを作る事をお勧めます。

なぜなら楽天カードは誰でも知っているCMでもおなじみの国内大手のショッピングサイト、楽天市場と連携しているクレジットカードになっている為とにかく安心して利用できるクレジットカードだからです。

しかも楽天市場でお買い物する際に楽天カードを利用する事で通常の4倍ものポイントが貯まったり他にも電子マネーへのチャージでポイントが付いたりととにかくポイントが貯まりやすいカードです。

さらに楽天カードで貯まったポイントはもちろん楽天市場で使えますが楽天のポイントを他サイトに対応した電子マネーに変えれば他のネットショップで利用出来たりもします。
電子マネーであれば実店舗でも利用できるお店が増えているので本当に便利です。

パッと紹介しただけでもこれだけ便利なところがあるのが楽天カードとなっていますので、こんな便利な楽天カードについてこの記事では色々とお伝えしたいと思います。

楽天カードのメリット

先ほども述べましたが楽天カードは学生や主婦の方でも作りやすいカードとなっています。

また、ポイントもどんどん貯まりやすく貯まったポイントも有効活用しやすい為おすすめのカードです。

それではどんなメリットがあるのかいくつか挙げてみましょう。

  • 年会費が無料
  • 高還元率(通常1%が楽天市場だと4%にアップ)
  • 電子マネーのチャージでもポイントが還元される
  • カード発行らすると高額ポイントが貰える
  • 学生や主婦の方でも審査が通りやすい

これらをみても楽天カードがどれだけメリットがあることが分かると思いますがもっと詳しくひも解いてみましょう。

 

☆楽天カードのポイントの魅力と年会費☆

楽天カードの最大の魅力はやはりなんと言ってもポイントの高還元率です。
普通クレジットカードの還元率は0.5%~1%ぐらいになります。

それが楽天カードの還元率は普段の買い物だと1%以上の還元率になります。

これだけ聞くと別に還元率が特別高いわけじゃないんだ。と感じられると思いますが実はこれは普段の買い物の時です。

それが国内大手のネットショップ楽天市場で楽天カードにて買い物するとポイント還元率が4倍の4%にグレードアップするのです。
しかもアプリにてお買い物するとさらに1倍+楽天ゴールドカード利用でさらに1倍+
楽天モバイル利用でさらに1倍になる為なんと最大7倍のポイントが貰えることができるのです。

 

そして楽天のポイント還元の凄いところはお買い物だけではないという点です。

なんと楽天カードの国際ブランドをJCBに選択するとnanacoカードへのチャージしながらポイントを貯める事ができます。

nanacoカードとはセブンイレブンやイトーヨーカードなどで利用できる電子マネーです。
nanacoカードにお金をチャージする事で現金がなくても買い物が出来るうえにポイントもちゃっかり貯まる電子マネーカードです。

このnanacoカードへ楽天カードを利用してチャージするとポイントが1%還元されます。

さらにnanacoカードを利用時にも100円に対し1%の還元されるため実質nanacoカードへのチャージと利用時で合計2%の還元されるのです。

いわばポイントの2重取りと言えるでしょう。

しかも社会保険料や税金(国民健康保険、国民年金、住民税、所得性、自動車税、固定資産税)などの定期的に支払わなくてはならない費用もなんとnanacoカードで支払うことができる為、楽天カードでチャージしたnanacoカードで支払って高ポイントを受け取ることが出来ます。

これってかなり便利な使い方になりますよね?

 

そしてもう一つ楽天カードからEdyへのチャージでもポイントが貯まります。
こちらの還元率は200円の買い物で1ポイントなので0.5%の還元率なっている為nanacoへのチャージに比べるとちょっと低めの還元率なっていますがこちらもEdy利用時にさらに0.5%の還元がある為実質1%の還元率になります。
nanacoカードと同じでポイントの2重取りができます。

さらに私がよく活用するのがファミリーマートなどでEdyにて買い物をする際にはTポイントカードの提示をしてTポイントカードのポイントもちゃっかり受理するいわばポイントの3重取りを行っています。

もらえるポイントはちゃっかり貰いましょう☆

 

そして楽天カード何がすごいってこんなポイント還元率の高さを誇るのになんと年会費が無料なところです。

確かに年会費が無料のクレジットカードは他にも沢山あります。
ただし年会費が無料のクレジットカードはたいてい還元率が低いのがほとんどです。
また、ポイントも使用方法が限られていたり特に必要としていない商品と交換だったりしてあまりお得感が味わえないカード多いです。

 

楽天カードは他のクレジットカードとは一味違います。

 

先ほども説明しましたがやっぱりポイントの還元率がとてもいいです。
通常の買い物だと1%の還元率ですがこれも決して低くはありません。
年会費の無料で1%はかなりいい方なのです。

さらに楽天カードの凄いところは楽天市場でショッピングすると還元率が4倍の4%にまでグレードアップし、ここに条件が揃えば最大7%までにもグレードアップする仕組みになっていることです。
また、nanacoカードやEdyなどの電子マネーにチャージする際にもポイントが貯まり使用するときにも更にポイントが貯まるポイントの2重取りができてお得感も味わえるのです。

そんなポイントが貯まりやいカードなのに年会費無料なんてこんなに素晴らしいカードはなかなかないと言えるでしょう。

 

☆楽天カードの発行で高額ポイントが貰える☆

続いて楽天カードがおすすめの理由でありメリットとなるのは、なんと楽天カードは発行するだけで5000ポイント以上も貰えることです。

ただ、楽天カードを作るだけで5000ポイントすなわち5000円分ものポイントが貰えるのです。
5000ポイントも貰えれば衣料品から日用消耗品などある程度のも買えると思います。
たとえ自分が欲しい商品が5000ポイント以上だったとしても5000ポイントにプラスアルファ金額を足すことで欲しい品物も手に入れる事もできます。

これってすごくないですか。

ただ困ったことにこの5000ポイントは何もしなくても貰えるわけではありません。
まずこの5000ポイントは2パターンに分かれています。

 

新規入会特典2000ポイントとカード利用特典3000ポイント合わせて5000ポイントになります。

 

しかもこのポイントはちゃんと自分で申請しなくては貰えないので必ず忘れずに申請して下さい。

<ポイント進呈されるまでの流れ>

まず楽天カードHPから新規申し込みをします。

一週間ほどで楽天カードが自宅に届きます。

「楽天e-NAVI」に登録して2,000ポイント受け取り申請を行います。

受け取り申請後5営業日以内に2000ポイント進呈されます。

届いたカードを1回でも買い物で使用する。

カード初回利用日の翌月20日頃に3000ポイント進呈

といった流れがあります。

まず新規入会特典の2000ポイントは楽天e-NABIの申請で進呈されます。
残りの3000ポイントは利用特典となっておりカードを1回でも利用する事で進呈される仕組みになっています。

その為、忘れずに必ず申請、カード利用はしましょう!!!

また、この5000ポイントですがキャンペーン時期によってなんと8000ポイント進呈の時がありますので、もしそんなに慌てて楽天カードを作ろうと思っていない人はキャンペーン条件が良い時に加入するのも一つの方法だと思います。

 

そして、この推定されたポイントは主に楽天市場を中心に生活用品、食料品、インテリア家具、家電、書籍など楽天市場の商品であればなんでも使えます。
また、楽天トラベルでも利用できるので一生懸命楽天ポイントを貯めて貯まったポイントで旅行などすることも可能なのです。

また実店舗であれば大手コンビニエスストアのサークスKサンクスを中心にいくつか利用できるお店もあります。下記HP参照
https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/ 楽天ポイントカードより引用

このように年会費無料なのに入会することでポイントが5000ポイントも進呈されるカードはなかなかありませんのでとりあえずポイント目当てに申し込みをしても損はしないでしょう。

 

☆学生や主婦の方でも審査が通りやすい☆

クレジットカードは基本的に誰でも作れるわけではありません。
やはりクレジットカードでお買い物をするということはある意味借金と同じで翌月、翌々月に支払をしなくてはなりません。
その為クレジット会社はちゃんと支払いができるかどうかを審査してからクレジットカードを発行する事になっています。

まず審査にあたりクレジットカード会社は資力、性格、資産(CCC)を調べます。

Capacity (資力) 加入者の収入です。支払能力があるかどうかを調べます。
安定的に継続しての収入があるかどうかです。

Character(性格)これは加入者が返済を滞りなく支払っているか調べます。
これを調べるにはクレジットカードの利用履歴(通称:クレヒス)を調べます。

Capital(資産)担保となる資産がないかを調べます。

 

これらを調べるにあたり日本には3つの信用情報機関というものがあります。

・CIC(株式会社シー・アイ・シー):信販会社、クレジットカード会社
・JICC(株式会社日本信用情報機構):信販会社、消費者金融、流通・銀行・
メーカー系カード会社、金融機関など
・全国銀行個人信用情報センター:金融機関

 

クレジットカードの発行を申し込むとこの3つの信用情報機関で他のクレジットカード会社での申し込み記録や利用状況、返済状況(滞納していないか)などを調べます。

クレジットカード会社によって基準が違いますが収入が少ない学生、主婦、非正規社員の方はなかなか審査が通りにくいのが現実です。

また、過去に支払い履歴で滞りがあった人はなかなか審査が通りにくいです。
支払履歴は主に

  • クレジットカード・携帯電話(スマートフォン等)の分割支払い購入
  • マイカーローンの・住宅ローン・キャッシングローン

などを調べます。

 

そんな収入が少ない・あるいはこれまでクレヒスを貯めてこなかった学生、主婦、非正規社員の方に強い味方なのが楽天カードになります。

楽天カードの凄いところは学生、主婦、非正規社員の方でも比較的容易にクレジットカードを発行してくれるところです。

 

楽天カードは他のクレジットカード会社に比べ審査の基準が緩めと言われています。
もちろん未成年18歳以上(高校生不可)でなければ発行されませんが安定した収入がなくても比較的審査が通りやすくなっています。

主婦の方は主に旦那さんの収入が安定していれば加入できるでしょう。

学生も学生専用の楽天アカデミーカードであればほとんどの学生は加入できるでしょう。

ただし、過去にクレジットカードやローン支払の滞りが多々あった人などは審査が通る可能性が少し低くなるかもしれません。

そのかわり基本的にクレジットカードを初めて作るという方はほとんど審査通るでしょう。
なぜなら過去にクレジットカードを作っていない=支払いの滞りがないからです。

ただ、注意しなくてならないのが過去に携帯電話料金の支払いが滞ってしまったことが多々あった人です。こちらは審査が難しくなるかもしれません。

なぜかというと先に説明したように携帯電話料金の支払いも信用情報機関の材料の一つだからです。

 

そして学生、主婦、非正規社員の方がどうしても楽天カードを発行したいのであれば、申し込みの際に下記内容をちゃんと抑えればさらに審査は通りやすくなります。

  • キャッシング枠は0円
  • 他社との多重申し込みはしない
  • 正しい情報入力
  • 年収は少なくてもちゃんと記入する(仕送りも収入になります)

キャッシング0円これは特に通りやすくなると思いますので是非試してみて下さい。

 

このように楽天カードは他のクレジットカードに比べ非常に審査が緩い為誰でも持ちやすい気軽に持てるクレジットカードとなっています。

今まで学生だからとか専業主婦だからとか正社員じゃないしなどの理由でクレジットカードを作るのを諦めていた人や過去に支払の滞りをしてしまったから新しくクレジットカードを作る事なんて無理だよなぁ~なんて諦めていた人も、まずは一度申し込みをしてみて下さい。きっと他のクレジットカード会社では発行できなかったのに楽天カードであれば発行してくれると思いますよ。試しに手続きをしてみたらどうでしょう。

楽天カードのデメリット

今までは楽天カードのメリットを沢山挙げてきましたがそんな楽天カードにももちろんデメリットがいくつかあります。
それではデメリットについても説明していきましょう。

<ETCカードをつけると年会費がかかる>

楽天カードは年会費無料というのがメリットでも挙げられていましたが残念ながらETCをつけると年会費が540円かかってしまうのです。
発行する際にはETCを付けるか付けないか慎重に選んで下さい。
何も考えずに無料ならつけておこうなどと安易な考えでいると年会費がかかってしますので気を付けましょう。

<利用明細発行手数料がかかる>

楽天カードの利用明細はweb上で確認出来るのですがもし書面で利用明細が欲しいと希望するのであれば発行手数料として82円かかります。
年間984円もかかります。
対処としてはやはりweb上で確認し印刷して保管する事をお勧め致します。

<楽天から大量のメールが届く>

楽天カードを発行すると毎日のように楽天からメールが届きます。
対処方法としてはネットショッピングなどで商品を購入したい際は特に必要ないと感じているお店からのメールは必ずメルマガ配信の解除を行いましょう。
メルマガ配信の解除をする事で楽天からのメールは届かなくなります。

<海外旅行傷害保険が利用付帯の為面倒くさい>

楽天カードには海外旅行傷害保険が付いているのですが旅行代金の一部でいいので楽天カードで支払わなければ適用されません。
対処方法としては旅行代金の一部を楽天カードで支払えばいいので成田空港に行くまでの電車代やタクシー代を楽天カードで支払って海外旅行傷害保険のむりやり適用対象にするという方法があります。

<海外キャッシング利用は自動でリボ払いになる>

楽天カードは海外でキャッシングした場合自動でリボ払いになってしまうので気を付けましょう。
対処方法としては一回のリボ払い額をキャッシング枠の上限額にしておくことで現状は一回払いにする事が出来るのです。
もしくは海外でのキャッシングはしないように気を付けましょう。

<特典ポイントは有効期限過ぎると失効してしまう>

特典ポイントとは入会時などに貰えるポイントになります。
このポイントは「期間限定ポイント」となっている為有効期限が過ぎると自動的に失効してしまう為気を付けましょう。
期間限定ポイントは貯めて後でガッツリ使おうと思うと期限が過ぎてしまってポイントが無くなっちゃったなんてミスが起こりますので忘れないうちに使うことをお勧め致します。

<一人で複数枚のカードを作れない>

残念ながら楽天カードはタイトル通り一人で複数枚のカードを作る事ができません。
しかも国際ブランドVISA、MasterCard、JCBを変えたとしてもどれか1枚しか作る事ができません。
もし他のブランドのカードを作りたいのであれば違うクレジットカード会社で作ってみましょう。

<強制解約されることがある>

支払の遅延がたびたびあったりすると強制解約されてしまう事があります。
また、支払の遅延は楽天カードだけでなく他のクレジットカードの支払いでも同じですので支払いの遅延は絶対にしないように気を付けましょう。
もちろん遅延などしなければ強制解約などは絶対にありませんので支払いは必ず決まった期限に支払いましょう。

<サポートセンターの対応があまりよくない>

口コミを見ているとまず電話が全然繋がらないと言われています。
また、やっとオペレーターさんに繋がってもあまり対応がよくないとも言われています。

 

楽天カードに関するまとめ

先ほども申しましたが楽天カードにはデメリットも多少あります。

ただし、こういったデメリットもちゃんと内容を理解する事で回避する事もできるのです。
また、多少なりのデメリットがあったとしもそれを理解して対処する事で苦なく利用することができると思います。

むしろデメリットを払拭する内容のメリットが楽天カードには沢山あります。

まず楽天カードはポイントが貯まりやすいシステムを導入しています。
また、入会しただけで5000ポイントも貰えるサービスも行っています。
そして審査が他のクレジットカード会社に比べとても入りやすくなっています。

こんなにお得なサービスが沢山あるにもかかわらず年会費が無料。

こんなカードはなかなかありません。

 

ある程度こちらの楽天カードを利用することで、クレヒスが付いて他のクレジットカードの申し込みも今後は出来るようになるという更なるメリットもあります。

そうすれば楽天カードのデメリットや満たせない部分をカバーしてくれるクレジットカードとの2枚以上の運用によって、足りない部分も今後は問題なくなるでしょう。

まだクレジットカードを持っていない人は初めてのクレジットカードとしてとりあえず作ってみてはいかかでしょうか?
また、楽天カードを2枚目3枚目のカードとして作ろうと考えている人も入会時に5000ポイント以上も貰えるためとりあえず登録だけでもしてみる事をお勧め致します。