楽天ふるさと納税でポイントを貰いながらお得に節税をする方法

皆さん、「ふるさと納税」という制度ご存知ですか?
たぶん、名前ぐらいは聞いた時あるけど詳しくは知らないって方が多いのではないでしょうか?
「ふるさと納税」とは簡単に説明するとお好きな各自治体に寄付する事でお礼の品として特産品などを貰えてさらに翌年の税金も控除されるシステムです。

その為、税金を納めている人は「ふるさと納税」を活用しすることによって、お得に納税の義務を果たすことができます。。

今年で10年目突入の「ふるさと納税」もだいぶ世の中に浸透し利用する人が急激に増加してきました。
その為、「ふるさと納税」が簡単にできるWebサイトもどんどん増えています。

今回は数あるWebサイトの中から納税しているにも関わらずポイントがどんどん貯まりやすい楽天ふるさと納税についてご紹介していきたいと思います。

ふるさと納税を利用するには自己負担2000円*1はかかるのですが、楽天ふるさと納税ではポイントサービスを上手く活用する事で実質自己負担金を0円にする事も可能になってしまうポイント重視の人にお勧めのサイトとなっています。

*1自己負担2000円とはふるさと納税をする際にかかる金額です。
自分の収入に対しまず寄付金の限度額が決まります。
限度額が3万円でも10万円でも自己負担金2000円を超えた全額28000円、98000円が翌年の税金控除対象になるのです。

それでは、「ポイントが貯まるふるさと納税」=「楽天ふるさと納税」をお得に活用する方法を説明していきたいと思います。

<楽天ふるさと納税とは・・・>

楽天ふるさと納税の特徴としては他のふるさと納税サイトに比べシンプルで簡単に手続きが出来る事が挙げられます。

ふるさと納税は何となく難しい感じがして利用した時はないけれど、ネットショッピングサイト楽天市場でお買い物をした時はあるっていう人は沢山いらっしゃるかと思います。

そんな人には特に楽天ふるさと納税はお勧めです。
なぜなら、楽天市場でいつもお買い物している感覚でふるさと納税が出来てしまうからです。

楽天市場の会員であればすでに登録してある会員情報を利用でき、新たに寄付者としての情報を登録しなくていい為、スムーズに手続きが行えるのです。

*ただし気を付けて頂きたいのが各自治体に寄付する際には楽天の会員登録情報と住民票に記載されている名前と住所が一致している事を必ず確認して下さい。
違う場合は寄付の受理がされません。

また、楽天ふるさと納税の場合、楽天カードにて決算をすると1%~のポイントが還元されます。
しかも楽天カードのポイントサービスを上手く活用すると還元率がなんと10%超えすることもあります。

詳しいポイント獲得方法については後程説明させて頂きますので、まずはどんな返礼品が揃っているのかご紹介していきたいと思います。

 

楽天ふるさと納税の一例

楽天がふるさと納税に参入したのは今からちょうど2年前の2015年7月31日からです。
サービス開始時点での対象の自治体は14カ所しかありませんでした。
しかし昨年は100カ所の自治体まで増えました。

そして今年は2017年7/15(現時点)で対象の自治体は230カ所となっています。
他にもオープン間近の自治体が多数ある為、これからもどんどん増えていく予定となっています。

それでは一例としてどんな返礼品があるのか挙げてみましょう。

人気ランキング1位、岡山県笠岡市の寄付10000円に対してお米20㎏の返礼

お米は主婦としてはとても助かる品です。
美味しいお米を家族に食べてもらいたいので嬉しい返礼品ですね。

おいしいお米と一緒に貰えたら嬉しいのが茨城県日立市の寄付30000円に対してなんと日立メーカーの炊飯器が返礼として貰えます

食品だけではなくこういった家電の返礼品も人気を呼んでいます。

そしてこの時期におすすめの返礼品は宮崎県都農町の寄付20000円に対して特大の国産うなぎ5尾の返礼です

日本人が大好きなうなぎが5尾も貰えちゃいます。
夏バテ対策にはとっておきの食べ物ですね。

また、寄付金を「子育て支援」、「社会福祉・医療」、「まちづくり」など用途から選ぶ事もできます

例えば宮崎県川南町では10000円の寄付に対して参協味蕾豚満喫セットが返礼品としてもらえますが寄付金は(1) 町におまかせ(2) 子育て・教育への事業(3) 地域振興のための事業(4) 環境保全への事業(5) 福祉への事業から選択する事ができるのです。

自分が寄付したお金が何に使われるか使用目的が分かっていると安心して寄付できる為、用途から返礼品を選択するのも一つの方法としてお勧めです。

 

このように多くの自治体が様々な返礼品を取り揃えています。

楽天ふるさと納税では自分が欲しい返礼品から選択出来るのはもちろんですが、寄付金の使い道がハッキリしていないと嫌だという人には寄付金の用途から返礼品を選択する事も出来ちゃいます。

是非、自分に合った方法でお得意に返礼品をGETして頂けたらと思います。

 

ふるさと納税で賢くポイントをGETする方法

先ほど少しだけポイントについてお話しましたが、楽天ふるさと納税では通常の楽天市場でのお買い物同様、寄付した金額に対し1%のポイントが還元されます。

また、下記の方法を活用する事で1%のみならずどんどんポイント還元率が上がっていく仕組みとなっています。
まずは誰でも簡単に活用できる方法①、②ご紹介しましょう。

①楽天カード決算

楽天カード決算にてお買い物しなくてもふるさと納税はできますしポイントも1%還元されるのですが、どうせ同じ金額を寄付するのであれば楽天カードを作ってそのカードにて決算する事をお勧めします。

なぜなら楽天カード決算するとポイントがさらに3倍=還元率3%付くからです。

②楽天アプリ活用

さらに楽天アプリを月一回利用する事でポイントが1倍=還元率1%付きます。
月一回だけでもアプリからお買い物をすればアプリ経由以外の買物も当月期間はポイン
ト対象になります

まずこの2つの方法を採ることによって

通常ポイント1% + 楽天カード決算3% + アプリ利用1% = 5%還元が還元されます。

例:10000円の寄付に対し5%のポイント還元=500円分のポイントが還元されます。
このように寄付金に対して誰でも簡単に5%のポイント還元することが出来きます。

さらに高ポイント還元率を求める方におすすめの方法として下記のような方法もあります。
上記の①、②の方法とは違い少し大変な部分もありますがポイントの高還元率を求めている方には是非活用して頂きたい方法があります。

楽天スーパーセール
楽天市場で年に4回程行われる期間限定のイベントとなっている為、常に活用できるわけではありません。
そのかわりに高還元率が期待できるイベントとなっています。

楽天スーパーセールを簡単に説明するとイベント期間中に楽天市場にてお店の買いまわりをする事でポイントが最大10倍つくイベントとなっています。
1店舗でお買い物する事に対しポイントが1倍ずつ増えていきます。
最大10店舗にてお買い物する事ができます。
10店舗にてお買い物するとポイントが10倍=10%還元されちゃう高還元率のイベントなのです。

*ここで気を付けなくてはならないのがポイント還元には上限があり最大10000ポイントまでとなっています。という事は10万円以上の買い物をしても10000ポイント以上は還元されないという事です。
ポイント還元10%だからと言って無駄に10万円以上のお買い物をするのは控えましょう。

*そしてもう一つ気を付けて頂きたいのが昨年2016年よりふるさと納税の手続きを簡単にする為に納税ワンストップ特例制度が設けられました。
これは1年間で5自治体であればわざわざ確定申告をしなくてもいい制度となっています。
その為、もし楽天スーパーセールにて10店舗すべてふるさと納税するのであれば納税ワンストップ特例制度は活用出来きません。

その他にも楽天プレミアムカード(楽天ゴールド)にて決算すると+1倍=1%還元。また、楽天モバイル通話SIMの申し込むと契約期間中は+1倍=1%の還元がされます。

それに一部の自治体の返礼品にはポイントが高い商品も含まれており、最大10倍なんてポイント還元商品もありますので要確認してポイント還元率が高い商品を入手する事も可能です。

 

このようにポイントサービスを利用する事で最低でもかかる自己負担費用2000円分も2万円寄付して10%の還元率だとするとポイントが2000ポイント還元されるので実質0円となるわけです。

スーパーセールなどのイベントが面倒だと感じる方は最初から「ふるさと納税ポイント10倍」※1の返礼品を探して、さらに楽天カードとアプリを利用する事でなんと簡単にポイント15倍の還元率を受けることが出来ちゃいます。

※1ふるさと納税ポイントの最大ポイント還元率は10倍となっています。

 

楽天ポイントで返礼品購入も

楽天ふるさと納税は先ほども言いましたように通常の楽天市場でのお買い物と同じような感覚で手続きが出来ます。
それと同じように返礼品購入の際、すでに貯まっているポイントでふるさと納税申し込みをする事も可能となっています。

楽天のポイントには2種類あり楽天スーパーポイントと期間限定ポイントがあります。
期間限定ポイントは有効期限が10日間~数週間と短いのですがこの期間限定ポイントを利用して返礼品の購入が出来ちゃいます。

また、楽天キャッシュ※2でも普通のお買いもの同様に利用できます。

※2楽天キャッシュとは楽天市場などで利用できるオンライン電子マネーです。

 

まとめ

楽天ふるさと納税は正直デメリットらしいデメリットをあまり感じられないのですがもし挙げるとすれば「ふるさとチョイス」などに比べると寄付可能な自治体数が明らかに少ない事です。

といっても、楽天がふるさと納税に参入した2015年の頃は14ヵ所と利用する価値がないほど少なかったのですが、それでも昨年は100ヵ所以上に増え今年もすでに200ヵ所以上に増えました。

しかももうすぐ参加予定の自治体も沢山あります。
その為、選べる返礼品も豊富になりポイントの為に無理やり購入するのでなく好きな品を品定めする事が出来るようになりました。

 

もう一つ気を付けなくてはならない事があります。

それは楽天ふるさと納税では楽天IDと寄付者が紐づけされてしまう事です。

主婦の方なら分かると思いますが大抵こういった面倒くさい処理は旦那さんより奥様がやられている事が多いです。
もし奥様のIDで楽天ふるさと納税をしてしまうと、たとえ家族でも奥様が寄付した事になり旦那様が寄付したことにはなりません。

って事は旦那様の税金控除の対象にはならないのです。
奥様の税金控除になります。
でも、奥様が専業主婦ならば所得税はもちろん、住民税も納めていないわけで控除の対象にもならない為、何の意味もなくなってしまいます。

こういった無駄手間にならない為にも必ず旦那様の楽天IDで旦那様が処理をするようにしましょう。

 

そしてもう一点注意が必要なのが家族カードでの支払いの場合です。

楽天では「必ず寄附をする方の名義のクレジットカードをご利用ください。 他人の名義の場合は、キャンセルさせていただきますのでご注意ください。」と記載されています。

という事は家族カードで支払った時は、決算クレジットカード名義が奥様の場合は寄付者も奥様でなくてはなりません。
例え旦那様が自分のIDで手続きを行ったとしても決算クレジット名義が奥様であるとキャンセルになってしまうのです。

寄付者楽天ID、クレジットカード名義人は必ず同人物で行うようにしましょう。

 

このように楽天ふるさと納税の利用にあたり注意点は何点かありますがあらかじめ知識を知っておけばこういった不注意にも合わずに手続きが出来るのでないでしょうか?

税金をちゃんと毎年支払っている納税者の人は是非これを期にふるさと納税を利用してみ下さい。
ふるさと納税をする事で損をする事は絶対にありません。

寄付金同様もしくはそれ以上の返礼品を自治体から貰えてさらに翌年の税金が控除されるなんて夢のようなお話ですが本当にこんな事が出来ちゃうのがふるさと納税なのです。

 

また、ふるさと納税の事は知ってはいるけど手続きが面倒だと感じ、なかなか挑戦する事が出来着なかった方には特にこの楽天ふるさと納税をお勧め致します。

ふるさと納税が出来るサイトは沢山ありますが楽天ふるさと納税はどこのふるさと納税サイトに比べても手続きが簡単です。

特に楽天市場でお買い物をしている人はいつもと同じようにネットショッピングする感覚で購入する事ができます。
個人情報もすでに楽天IDがあれば特別に入れなおす事もなくそのまま利用できちゃいます。

また、ふるさと納税には昨年から納税ワンストップ特例制度が導入されました。
5つの自治体への寄付であればわざわざ確定申告しなくてもよくなったので手続きが本当に簡単になりました。

そしてなんと言っても楽天ふるさと納税のメリットはポイントがどこのふるさと納税サイトよりもたくさん貯まる事です。
利用すればするほど貯まっていきます。
そしてうまくポイントイベント利用する事で自己負担金2000円が実質0円にもなってしまう魔法のサイトなのです。

今年は是非、楽天ふるさと納税を利用してお好きな自治体に寄付をしてみたらいかかでしょうか。
そして寄付した自治体の今後の活躍を応援していきましょう。