Softbankのガラケーを安くMNP契約・ガラケーのりかえ割運用するならおとくケータイ.netが良い

注意

ガラケーのりかえ割は2016年12月に終了します。
今後はここで書かれている内容での契約できません。

代わりになるのは以下の記事に書いてある300円運用です。今後はこちらを参考にして契約してみて下さい。
AQUOS ケータイ2 602SHが月額300円で使える 「ガラケーのりかえ割」終了後の代わりに【SoftBank】 | スマホナビ

 

ガラケーの契約というものがここ最近見直されています。

MVNO格安SIMが広まったことで、スマートフォンをデータ通信のみのプランで格安に利用しやすいようになりました。

そのため2台持ちなどの運用についての有効性が認識され、メインの電話番号をスマホからガラケーに移して、スマホは格安SIMを入れて使うという方法が「賢い運用」として目立ってきています。

その中でもSoftbankのガラケーはスマホからののりかえに適した契約をすることができます。今回はそのSoftbankガラケーをより安く契約するためのコツを紹介しましょう。

ガラケー契約が安いSoftbank

なぜSoftbankのガラケーなのかというと、Y!mobileのガラケーについての記事でも取り上げているように、2台持ち向きの安くて使いやすいプランが含まれているからです。

特にMNPで乗り換えると相当に通話量が安くなる「ガラケーのりかえ割」があります。

Y!mobileでは端末代が一括0円、通話の基本料のみで1008円の格安プランが存在していますが、Softbankの場合は通話定額で安いというのが特徴の一つにあります。

Y!mobile DIGNOケータイ 502KCは2台持ちのガラケー回線として維持費が魅力

ガラケーのりかえ割では通話料が一部の指定電話番号を除いた通話が、どんなに長時間になっても定額内に収まるといういわゆる専用の通話定額プランが契約できます。

ガラケーのりかえ割は他社からSoftbankへMNPすることで適用されます。

 

ガラケーのりかえ割でキャッシュバックまたは一括0円などで本体代がなくなると、月820円で利用可能

ガラケーのりかえ割では1479円(表記によっては1480円)で通話定額プランを契約できます。メールを使ったプランやパケット定額を上限なしで使うプランもありますが、一番需要が高いのは通話回線のみのシンプルなプランでしょう。

通話のみ 主にメール利用 パケット定額
ガラケーのりかえ割基本料 1,479円(37ヶ月)
S!ベーシックパック 324円
データ定額パック 401円~4536円 3780円
合計 1479円 2204円~ 5583円

通常の通話定額プランはスマホでは2700円、ガラケーでも2200円かかるため、このMNP限定のプランは通話定額プランとしては異質なぐらい安いです。

Y!mobileとは違って維持費が安いということで、もしも端末代を安くして契約することができれば、1479円という料金よりももっと安い819円(表記によっては820円)という料金でも利用が可能になります。

具体的には機種代を考えなければ次のような料金プランの構成で維持費が出てくることになります。

ガラケーのりかえ割基本料 1479円
機種代 0円
月月割 ▲660円
合計 819円

端末の料金が安く購入できれば、月月割の割引をすべて適用することができるため、このように通話定額なのに1000円以下の料金で利用できます。

 

低価格での契約がしやすいのがおとくケータイ.net

このSoftbankのガラケーのりかえ割は以上のように安く本体を購入さえできれば、普通の契約状態ですら安いプランが更に安くなります。

ではこのSoftbankのガラケーを安く買うにはどうすればいいのでしょうか。普通のショップでは今総務省の目が光っているということで、一括0円の販売や大きなキャッシュバックの告知はされていません。そもそもガラケーということであまり、熱心に売られていないのが実情です。

オンラインショップもスマホとプリペイドの販売が中心でガラケーは扱っていません。

そんな中で「交渉次第」ということにはなるものの、比較的一括0円やそれに近い金額まで割引やキャッシュバックをしてくれる有名どころとして「おとくケータイ.net」を挙げることができます。

おとくケータイ.netはネットからの手続きで契約ができるSoftbankの代理店としては唯一のショップです。ネットからは公式オンラインショップかこのおとくケータイ.netのみが正規のショップとなっています。

おとくケータイ.netのメリット・デメリットとしては、公式オンラインショップよりも手続きのステップが多く時間がかかるという点があるものの、公式にはないキャッシュバックがあるというメリットがあります。

ここであればガラケーのりかえ割を受け付けているため、店頭ショップの強制オプション契約の罠や頭金の類もなく、安心して安い契約をすることができます。

 

おとくケータイ.netは交渉次第でガラケーを10000円以上の値引き

おとくケータイ.netを勧める理由は、店頭で少なくなっているMNP一括格安契約を全国どこからでも契約できるからです。

おとくケータイ.netはHPのトップなどでは値段を載せておらず、詳しい価格はメールからの案内になります。そしてここで価格が気に入らなくても、希望する価格(ここでは一括0円)を伝えて交渉することで、意外とうまくその価格やその価格に近くなるようなキャッシュバックを載せてくれます。

Softbankのショップ契約は実は地域によって安売りの規模が全く異なります。例えばですが関東のショップに回されるインセンティブと、四国地方のショップに回されるインセンティブは違うため、地方の人は安く契約できるチャンスが非常に少なくなっています。

このおとくケータイ.netはネット受付店が関東支店の扱いになっているため、インセンティブが高い契約をすることができます。そのため、今回のガラケー契約もキャッシュバックや値引きが非常に強い可能性があります。

要交渉、自分の契約したい値段を伝えるために数回メールのやり取りをするという手間はありますが、それだけで簡単に安い契約が可能という点においておとくケータイ.netは活用すべきショップです。

 

Softbankのガラケーのりかえ割は2台持ちによる格安運用、それも通話をたくさんできて安いという特性を持っています。その特性を最大限に活かすには契約の際に少しでも安く購入する必要があります。

ガラケーのりかえ割の安売りは全国で均一に安いわけではなく地域によっては案件を探すのが難しくなっていますから、このショップを使えば安い契約も簡単に出来るでしょう。

Softbankのガラケーへの乗り換えを検討している方にはぜひ使ってみて貰いたいショップですので、検討してみて下さい。

ガラケー訴求